転職先で入社後に注意すべきこと

転職後に悩まされるのが、前の会社とのギャップです。

例えば、

  • チェック体制が厳しく2重3重のチェックがある為、ひとつの案件を進めるのに時間がかかるなど、今までにはなかった煩わしさが出てくる。
  • 今までしなくて良かった様な事も、当たり前にしなければならない。

など、今までとは違った点に戸惑うはずです。

ちなみに、前者はベンチャーや中小企業から大手企業へ転職した場合に良く起こることで、後者は大手企業からベンチャーや中小企業へ転職した場合に起こり得ることですね。

 

企業により、仕事への考え方、仕事の方法など、あらゆるところが違って来ることは当然ですので、まずはそれを受け入れるしかありません。

受け入れて実践し、その後に改善したり提案すれば良いのです。

入社後すぐに「前の会社では、この様なやり方だった」と主張したとしても仕方がありませんから、その会社のやり方をすべて受け入れて、ある程度あなた自身が仕事を出来る様になった時点で提案をしてみても良いでしょう。

 

前の会社では、前の会社ではと過去のことばかりを口にしていると、周りからは相手にされなくなってしまいますので注意が必要でしょう。

前の会社は前の会社であり、今勤めているのは今の会社なのです。

まずは、その会社のやり方で1年程度は仕事をするべきです。

そして、自分の地位や立場が出来上がった時点で、改革をするようにして下さい。

10年20年とその会社で働くことを考えれば、1年程度の我慢はすぐですから。

 

また、転職後は期待されている感が否めないですが、知らない事を知っていると言ったり(知ったかぶり)、嘘を付くことは避けた方が良いでしょう。

まだ、あなたのことを良く理解していない状態ですと、小さな嘘でも信用を失う可能性もありますから、知らない時は知らないと正直に答える事です。

信頼を勝ち取ろうと付いた嘘により、信用がなくなってしまっては元も子もありませんからね。

何事に対しても正直が一番です。

 

上司や同僚、部下といった社員同士の付き合いも重要です。

仕事後に飲みに誘われた場合は、出来る限り一緒に行くようにしましょう。

現在では、仕事とプライベートは別と割り切っている方も中にはいるかも知れませんが、最初の内は、参加する事をお勧めします。

職場では話せない内容の話題が出たりもしますし、共通の話題が増える為に、親近感が湧く事もあり得ます。

そうすることで、普段の仕事がやりやすくなることもありますしね。

 

特に上司から飲みの誘いがあった場合は、多少仕事という意識で臨んでも良いでしょう。

職場において上司は、常にあなたを評価する立場にあるのです。

ただでさえ入社したての、あなたの事を上司は知らない訳ですから、良いようにも評価しますし、悪いようにも評価される事もあります。

親近感が出れば、少しくらいの悪い面は目をつぶってくれるというのが人間です。

パワハラなど騒がれる時代ですが、そういう時代だからこそ、こういった誘いはむげに断るのではなく、最初のうちくらいはお付き合いしましょう。

 

そういうお付き合いはしないと決めている方でも、一度くらいは行ってみて判断してみても良いのではないでしょうか。

以外と行ってみると楽しいし、仕事も上手くまわるようになったなど、良い方向へ転ぶことだってあるかも知れませんよ。

 

転職後は、まず職場の多くの人とコミュニケーションを取るという事が重要になります。

あなたの事をどう見られるかは、あなた自身の行動次第で、大きく変わるという事を念頭においておくことです。

 

次は、仕事に対する考え方をお話しして行きます。

 

矢印中途採用者の仕事に対する考え方

[入社後]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ