約束の条件と相違がある場合の対処

内定後の雇用条件を確りと確認することは重要だと以前お話しをしましたが、もしその条件と実際に働いてみたときの条件が違っていたらどうしますか?

  • 「転職後に内定時に言っていた内容と違った」
  • 「内定通知書に書かれている条件と違う」
  • 「約束されていた役職に入社後付かせてもらえなかった」
  • 「面接で言われていた休日と違う」
  • 「面談で説明されていた勤務時間と相違がある」

残念ながら、この様な面接や内定時に約束した条件と、いざ働いてみた後に条件相違がある事は、稀に発生しています。

 

企業側としても、内定を出してから入社するまでに時間がかかり、その間に状況が変わってしまったなど、色々な理由があるのでしょうが、これは黙って我慢していてはいけません。

きちんと何故こういう状況になったのか説明してもらうべきですし、元々約束していた条件に沿って対応をしてもらう事がベストではあります。

しかし、あからさまにクレームを付けてしまうと、今後も長い間お世話になる企業ですから角が立ってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

もしも、転職エージェントを通しての転職の場合は、担当のキャリアコンサルタントが条件相違に付いて会社へ掛け合ってくれて、対処してくれることになるでしょう。

個人で企業へ応募して内定をいただいている場合は、自分で何とか解決するしかありません。

 

ここで大切になって来るのが「感情的に訴えない」事です。

冷静になり、こういう理由で内定時に約束をしたのですが、条件が少し違う様なので、どうにかなりませんか。

と、交渉をする事が必要になります。

 

ここでは怒りを出したり、不満を出したりしないことです。

ただただ正論を伝えれば良いだけですね。

 

そして、ここで重要になってくるのが、内定後の条件交渉では転職者が主導権を握るでも話しをした様に文書で残しておいた内定通知書です。

また、雇用契約を交わしたときの雇用契約書でも良いでしょう。

この通知書や契約書に書かれている内定(雇用)条件等が証拠となりますので、これを元に交渉を進めることになります。

採用内定通知書

逆に内定通知書がない場合は、口頭でこういう話しをしたと主張しても良いですが、厳しい立場となる事は間違いないですね。

なぜなら「そういった事を言った記憶はない」など言われてしまえば、水掛け論になってしまいますし、企業から雇われているあなたの立場を考えれば不利になることは間違いありません。

 

また、雇用契約書に労働条件などが書かれている場合は、有利になることは間違いないので交渉すべきでしょう。

しかし、間違ってもしてはいけないことは、会社側と敵対してしまうことです。

今後長く働く上で一度敵対してしまうと、働きづらくなることは間違いありません。

会社側もそういった働きづらくなるぞ、ということを盾にしてくるかも知れませんが、正当な証拠があれば大丈夫ですので、あくまでも冷静に話し合いをするべきです。

 

先程も言ったように、絶対に感情的にならないことが重要になります。

会社側の反応が思ったような反応でなかったとしても、常に冷静にいることが求められます。

ただ、あまりにも酷い対応の場合は、転職先を見誤った可能性も否定できません。

いわゆるブラック企業というやつですね。

今後も同じようなことが続くようでは、長期労働は厳しいので、一度良く考えた方が良いかも知れませんね。

 

話しを戻しますが、こういった条件相違に対しては、仕方ないと自分で勝手に決めてしまい、泣き寝入りするのだけは避けた方が良いでしょう。

なぜなら、一度このようなことがあり、あなたが泣き寝入りしてしまうと、今後も違う場面で同じようなことをされる可能性がありますので・・・

 

結果はどうであれ、上司や、人事部の方へ相談するなど、何かしらのアクションを起こすべきではあると思います。

大切なのは結果だけではありません。

そのようなアクションを取った、実行した経緯やプロセスが重要になったりもするのです。

あなたは、芯を確りと持っており、すんなりと言いなりになるような人材ではないと、伝えておくことも大切になるのです。

 

次は、転職を繰り返さない為に持っておくべき考え方をお話ししたいと思います。

 

矢印転職を繰り返さない為に持つべき考え

[入社後]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ