転職を繰り返さない為に持つべき考え

転職者の中には、1年に1回ペースで転職を繰り返してしまい、転職過多となっている人がいます。

決して転職は悪い事ではありませんが、短い期間で転職を繰り返してしまうと、自分の経歴にも傷を残すことになってしまいますし、今後の転職にも不利になって来る可能性は充分にあります。

どれくらいの回数から不利になってくるのか、ということは転職回数が多いと不利になるで詳しくお話ししていますので、参考にしてみて下さい。

 

転職をして入社後には、仕事が上手く行かない時は振り返りでも話したように会社の雰囲気に馴染めない、思うように成果を上げる事が出来ない、などあらゆる苦難が待ち構えていますが、ある程度は転職をする前に、そういった苦難は予測は出来ているはずですので、それなりの覚悟を持って転職をすべきでしょう。

 

とにかく、一度転職をした際には、数ヶ月で退職するなどせずに、最低でも2年は続ける様にして下さい。

2年続いたのなら3年位は続くはずです。

しかし、どうしてもこの会社とは合わないと判断するなら2年ないし3年で決断しても良いでしょうが、まだろくに仕事も覚えていない状態の1年目でそういった判断をしてしまうのは問題ですね。

 

会社の雰囲気に馴染めなかった場合は、あなたにも問題がある可能性もあります。

もし、あなたに原因があったとしたなら、どの会社へ移ったとしても同じ壁にあたることは間違いないでしょう。

そうなると、どこへ移ろうが同じ状況になることは間違いないので、あなた自身が変わるしかないのです。

 

まずは、転職を考えるのではなく、なぜ馴染めないのかを良く考えてみて下さい。

考えることで答えが見つかるかも知れません。

人間関係での転職は同じ事の繰り返しでも詳しく説明していますから、時間のある時にでも読んでおいて下さいね。

 

思うように成果を上げる事が出来ない場合は、1年目から完璧な成果を自分自身で求めない事です。

場合によっては会社側から求められるかも知れませんが、まず1年目は会社の仕事に慣れるという事に重点をおいて過ごすようにしましょう。

それでは、2年目でどこまで成果を上げる事が出来るかが勝負だと思いがちですが、基本的に長期スパンで物事を捉えるようにして下さい。

2年目、3年目でそこそこの成績を上げれば、1年目の遅れは取り戻す事も出来ますし、4年目、5年目である程度の成績を残せば、2年目、3年目の成績も取り戻す事も出来ます。

これは、ダラダラを過ごせとか、適当にやれと言っているのではなく、あくまでも伝えたいことは、とにかく焦らないこと、です。

 

1年だけ成績が良くても他の年の成績が悪いなど、一定して成果を上げる事が出来ない人材よりも、前述の様ある程度一定して安定した成果を上げられる人材の方が結果的には、企業から重宝される事も覚えておいて下さい。

もちろん、1年目から安定して長期に渡り成果を上げ続けられるなら、それが一番良いですけどね。

なかなかそれをしようとした時には、プレッシャーもかかりますし、焦ってしまう可能性もあるので、無理はしないことです。

 

転職者は即戦力を求められますが、スタートダッシュだけ良くて、その後に燃え尽きてしまっても意味がありません。

企業にとっては、長く続けて安定した成果をもたらす人材こそ、将来的に考えて優良な人材と言えるのです。

 

話しを戻しますね。

転職回数が多すぎると転職に不利になると話しましたが、もしあなたが採用側の人間だとして30歳の人が面接に来て、転職回数が10回を越えていた場合は、直感的に採用出来ると思いますか?

出来ないですよね。

 

大学卒業から就職したとすると30歳で10だと、1年に1回から2回のペースで転職をしているということになります。

転職回数が多いと、まず浮かぶのが「採用したとしても、また転職をするのではないか」という事です。

誰もがそれを考えてしまうんです。

例え人事ではなくても、同じことを思うのではないでしょうか。

 

最近では、転職回数を気にしないという企業も増えてはいますが、まだまだ一般的ではありません。

 

ですから、ある一定回数以上の転職を繰り返してしまっている人は不利になるんですね。

「それでも転職先はある」と言われる方もいますが、もちろんあるでしょう。

 

しかし、基本的に転職回数が多い人を採用してくれる企業は「仕事がハード」「人が集まらない企業」「半年から1年働いてくれればそれでOKと思っている企業」くらいではないでしょうか。

そうなると、企業側も転職して行くことを前提に採用しますから、対応が雑であったり、厳しかったりと、働く上であまり良くない職場環境になることは間違いありません。

いわゆるブラック企業ですね。

 

この様な状況に陥らない為に、今厳しいと思っていても時間と共に、それが解消される可能性もあると思い2年程度は勤務を継続してみて下さい。

下図で、年代別に転職回数の上限と危険な回数を記載していますので、ご参考にどうぞ。

年代別転職回数赤信号

 

次は、入社する企業の規模ごとの注意点をお話しして行きたいと思います。

 

矢印大手企業と中小企業の規模ごとの転職における注意点

[入社後]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ