仕事が上手く行かない時は振り返り

転職をしたからといって、すべての方が新しい職場で上手く行く訳では当然ありません。

中には「転職という選択は合っていたのか」「前の会社を退職すべきでは、なかったのではないだろうか」と転職後に後悔してしまう人もいるのです。

 

転職をした後の方が、転職をする前よりも状況が悪化したという方もいるでしょう。

思っていた様に仕事の成果が上がらない、職場での雰囲気に馴染めない、など色々な理由が考えられます。

 

初めて転職を経験する人は、新しい職場での仕事がすべて初めての事ばかりで戸惑う可能性も高くなります。

仕事の方法が違うのは当たり前ですが、社内ルール、規則など多くの初体験が入社後には待っているものなのです。

 

仕事面においても、新入社員ではありますが、新卒とは違いそういった新人扱いは短い期間だけで、その後は即戦力として自ら動き仕事をこなして行かなければなりません。

そういった面からも、前述した状態に陥りやすいと言えるでしょう。

 

しかし、この様な厳しい状況になったからといって、また転職をしたとしても同じ事の繰り返しになる可能性が高いので、長い目で見て判断するようにして下さい。

転職をしたからには、ある程度の「覚悟」と、どうにかなるだろうと言う「楽観的考え」は必要になります。

 

まず、これは転職者すべての人が直面する可能性があり得る状況ですので、あなただけがそうなっている訳ではないと言うことを理解しましょう。

そして、新しい事をやるのだから上手く行かないことが当たり前であり、そうだったとしても、それが問題なのではなく、それを中途半端に投げ出してしまう事の方が問題なのだということを意識して下さい。

多少苦しくても耐えることと、逃げ出さないことです!

 

この様に上手くストレスを最小限に留め、なるべく負担とならない様に考え方を工夫をするようにしましょう。

そして、なぜ転職をしたのかという目的や目標を振り返り、その転職目的のために前へ進んでみて下さい。

  • 「キャリアを積み上げたい」
  • 「新たな挑戦をしてみたい」
  • 「仕事の専門性を深めたい」

など、転職をするには、それぞれに理由があったはずです。

苦しくなった時は、その事を再確認して、転職に対する意気込みを取り戻してみましょう。

 

仕事の成果が上がらなかったり、仕事が上手くいかないで追い詰められてしまった時は、頑なに自分で何とかしようとはせずに、上司や同僚に対して助けを求めても良いですね。

転職者だから仕事は出来ると思われたとしても人間ですから、あなたが苦しんでいると分かればきっと助けてくれます。

 

状況が良くない時こそ、転職先で入社後に注意すべきことで話したとおりに周りとのコミュニケーションを取るべきですし、そういう時だからこそ本音で話し合う事が出来て信頼関係が築けて行くのです。

自分1人で抱え込まないことが、とても大切になりますので、転職後は普段から常に誰かとコミュニケーションを取るようにして、何かあれば相談できたり助けを求められる関係性を作っておくことた重要になります。

 

今回お話しをしたようなピンチの時にこそチャンスがありますので、少し考え方を変えて挑んでみても良いでしょう。

 

次は、内定時に約束した条件と、入社後に相違があると分かった場合の対処法に付いてお話しして行きたいと思います。

 

矢印約束の条件と相違がある場合の対処

[入社後]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ