社長逮捕、投獄される

とうとう事件が起きました。

 

ある夜に、社長がいつもの様に路駐をしている車(キャデラック)に近づくと、警察となのる人たちが一斉に社長を取り囲んだのです。

このキャデラックは、ベンツがレッカー移動などされている時にしか乗っていない車だったのですが、この車、実はナンバー偽装している車だったらしいのです。

 

警察も路駐をしているキャデラックを発見して、ナンバーを照会したところ登録がないと分かったのでしょう。

そして、持ち主が現れるのを待ち構えていたという事です。

そこで車内を調べられて、同時に覚せい剤所持でも逮捕された様なのです。

 

ここからが会社は大変でした。

社員の中では動揺が走りまくり、いきなり会社に来なくなる社員も数人出てきて、逮捕されて2週間後には幹部たちも動揺し始め、いつ出て来る事が出来るのかも分からない社長を待つのか?と疑問を持ち始めたのです。

そこから、崩れ落ちるのに時間は、あまり必要ありませんでした。

音を立てて崩れ落ちるとは、こういう事を言うのかと実感をしたのは始めてでした。

 

数ヶ月後には、給与の支払も出来ない状態になり、その後すぐに倒産したのです。

人事バカはまだまだ若かったので、転職をすることには何の抵抗もありませんでしたので、良かったですが、中には必死の思いでこの会社へ転職をして来た中年の方もいたので、可哀想でしたね。

 

このブラック企業へ勤めたのは、半年とちょっとだったのですが、今考えて見るとあの様な事件が起きなかったとしても、いつかは倒産していそうですね。

しかし、人事バカに社会人としての基礎を学ばせてもらったのは、この会社でしたので、厳しい環境でしたが本当に感謝しています。

その後、社長は出所したのかどうかすら行方は分かりませんが、元気に過ごしていると良いのですが。

 

この様なブラック企業体験でしたが、その当時はハラハラして何で俺がこんな目に会うんだと思いましたが、後々に思い返すと良い経験を出来たのかな、と思える様になりました。

一生の中でこんな体験をしない方がほとんどだとは思いますが、中にはこんな会社があるんだな、自分の会社はまだましな方だと思っていただけると幸いです^^

 

これで、人事バカのブラック企業記は終わりになりますが、話しをガラッと変えて、転職には必ず付き物の退職に付いて詳しくお話しをして行きたいと思います。

 

矢印企業から見た退職者はコストである

[ブラック企業記]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ