転職に適した人は会社から必要とされる人材

転職を失敗する人の特徴に多いのが「転職前の仕事は上手く行かなかったので辞めた」など、障壁があることによる理由で職場を変える行為です。

これは転職に向かない人の典型的な特徴であり、上手く行かないけど次の仕事では上手く行くと思い込んでしまっているんですね。

私って転職すべき?すべきでない?でも話しているように、ネガティブな理由での転職はすべきではないのです。

もちろん、そんな人は転職後も上手く行く訳がありません。

 

逆に言うと、転職前の職場で実績を上げ成果をもたらし、上手く行っていた人は転職に成功すると言う事です。

そういった方は、転職後も実績を上げる事が出来、転職に成功する事が出来る可能性が高いのです。

 

ちなみに、ここで言う転職の成功失敗とは、ただ新しい会社に転職できた、できなかったということではありません。

転職をしてから満足の行く仕事ができているか、退職せずに継続して働くことができているかということです。

 

人事バカの会社に転職をして来た人材でも、以前の会社でしっかりと実績を上げていた人(実績や成果を上げていたであろう人)は、当社でも確りと実績を上げています。

それは、当社から転職して行った後でも同じ事が言えるのです。

そして、そういった人材に限って未だに連絡を取り合い、仕事を依頼したり依頼されたりと良い関係を保っています。

 

では、前職で上手く行っていなかった人は、100%転職後も上手く行かないのかと言うと100%までは行きませんが90数%の人は上手く行かないでしょう。

その中の数%の人には、本当にその会社の仕事が合わずに実力を充分に発揮することが出来ていなかった人もいるということです。

ただ、それはまさに稀といえます。

相当前職での仕事環境が悪かったか、決められた業務方法が悪かったかなどでしょう。

 

これらの指標は、会社からあなたが必要とされているのか?というところが基準になってきます。

  • あなたは退職する時に上司や社長から必死に引き止められましたか?
  • 退職をされると困ると退職願いを叩き返された経験はありますか?

もし、それがないのであれば、その会社から必要とされていなかったか、去る者は追わずの精神の会社だったのか、どちらかだったのでしょう。

 

要は、慰留行為をされなかった方は、その企業から必要とされていなかった可能性が高いということです。

それはそうですよね。

本当に企業側が必要だと思えば、必死に辞めないでくれと懇願されるはずでしょうから。

 

他の会社でも必要とされている人材は、どの会社でも欲しいとなるのは極普通のことですよね?

逆に、他の会社で必要とされない人材は、どの会社からも欲しいとは思ってもらえないのも当然です。

ですから、必要とされる人材になってこそ、転職に成功することができるのです。

 

転職に成功するのかどうかを知るには、転職前に、自分は会社から必要とされているのかどうかを調べる必要が出てくるでしょう。

また、それを自覚することも必要になりますね。

 

では、次に転職を成功させる為には即戦力が必要という事に関してお話ししたいと思います。

 

矢印転職では即戦力が求められる

[転職の分岐点]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ