転職では即戦力が求められる

企業が求める人材は、すぐに実績を叩き出せる即戦力を持った人材です。

確かに現在では、求人数は多く存在し、転職者を受け入れる企業は多く存在しています。

しかし、どの企業も求人は出しているが、実力を既に持った人材を多く求めています。

ですから、求人が多くあるから簡単に転職ができると安易に考えるのは危険です。

 

基本的に転職業界での売れ筋(企業が求める人材の年齢)は、実力もあり柔軟な30代と言われていますが、即戦力として使える40代なども、ある程度は求められているのも確かです。

管理職クラスになると、数は少ないですが50代でも転職を成功出来ない訳でもありません。

もちろん年齢問わず共通して言える事が、実力があり、その企業に取って即戦力と成り得る人材である事が絶対条件になるのです。

要は転職後に実績や成果をあげることができるのかどうかということ。

 

履歴書や職務経歴書には今までの職歴を綴ることになりますが、1年やそこらで転職を繰り返している人材は、転職回数が多いと不利になるでもお話ししているように、多くの方が書類選考の時点で落とされてしまうでしょう。

それは、1年程度の勤務ばかりでは実力も何も無いと判断されてしまうからです。

最低でも勤続年数は3年から5年は必要となりますね。

 

こう言った、転職を繰り返している人には2通りの人材がいます。

1つ目が、大学を卒業後に就職出来ずに一度就職浪人またはフリーターになり、そこから就職をするも職場に不満を持ち転職を繰り返してしまっている人。

2つ目が、大手企業に10年程度務め上げた頃に違う分野への挑戦や、スキルアップを目指しての転職を行い、転職先で今までの様に上手く仕事をする事が出来ずに転職を繰り返してしまっている人。

 

1つ目は20代に多く30代には落ち着く人が多いですが、問題は2つ目の人です。

大手企業と言う看板を武器に仕事を進めて来て上手く行って来ていたが、その看板を下ろした途端に仕事が上手く回らなくなってしまう。

これは、実は実力がある様に見えていただけで、上手く行っていたのは大手企業の看板があったからなのです。

こう言った人が転職を繰り返す様になってしまい、そこから抜けられなくなってしまうんですね。

 

転職を考えるのであれば、実力は必ず必要になりますので、自分には実力があるのかどうか自己分析を行い、それから転職するのかそのまま留まるのかを決めても遅くはありません。

まずは、自分自身を知ることからスタートしてみましょう。

 

次に、転職をするなら給与のアップを願う人がほとんどだと思いますので、お金に付いてお話しをしたいと思います。

 

矢印実績と給与は比例する

[転職の分岐点]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ