実績と給与は比例する

転職の分岐点のカテゴリーで、人間関係での転職企業から必要とされる人材即戦力が求められるとお話しをして来ましたが、転職する上で最も?気になるであろう給与に付いて触れて行きましょう。

給与に関しては、気になると言うか転職をするのであればアップさせたいと思う人が大半を締めますね。

「キャリアアップする為に転職をするのだから給与がアップして当然」と思われている人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、あなたの能力や実力が高ければ給与をアップさせる事は容易でしょう。

また、現在の雇用条件よりもあなたの能力の方が上回っていれば、転職をすることにより自然と給与も上がることになります。

ただ、あなたの実力以上の給与での雇用契約を結んでしまった場合には注意が必要になって来ます。

 

それは、企業もただただあなたに惚れて高い給与を払い雇ったのではありません。

そうです。

その分の働きをしてこその給与だと言う事を忘れないで下さいね。

逆に言うと、給与に見合った働きをしなかった場合は厳しい状況におかれるということです。

 

例えば、年収800万円の給与の場合は、その分以上の実績や能力を求められる事になるという事です。

これだけの給与をもらっておきながら、役立たない、成果を上げる事が出来ない、求めていた戦力として不足となれば、企業側としても給与を下げるなどの対応を取って来るでしょうし、最悪の場合は社内での居場所がなくなるといったことも。

 

年収が高ければ高いほど、それだけの実績が求められ、そのプレッシャーは比例して高くなるのだと言うことを認識しておきましょう。

あなた自身、仕事に対して自信があれば問題ありませんが、本当に今求めている給与の額は、あなたに相応しい額かどうかを再確認するようにして下さい。

これを怠ってしまうと、転職後に苦しむ事にもなりかねませんので。

 

また、家庭と仕事の両立と考えた時にも、給与が多いと必然的に仕事量が多いことが多々ありますので、不利になることは間違いありません。

給与という面だけで考えれば高ければ高いほど良いと思われてしまいますが、トータルの面でどちらが良いか、自分に合っているのかを判断する必要が出てきますね。

 

給与に関しては、給与アップを目的に転職をすると失敗する可能性大も参考になると思いますので、読んでみて下さい。

 

次は、企業が求める自ら考え動ける人材に付いてお話しをしたいと思います。

矢印自ら考え動ける人材

[転職の分岐点]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ