人間関係での転職は同じ事の繰り返し

過去に取られたアンケートで、退職した理由の1位が人間関係と示されていることがありました。

退職した人の約3割が退職理由を人間関係と答えており、その多さに人事バカも驚かされた記憶があります。

 

このように、

  • 上司と上手く行かない。
  • 同僚との関係が悪い。

など、会社内での人間関係が原因で転職を考える人はかなりの数に上るのです。

ただ、企業の面接で「人間関係が悪かったので転職を考えました」と答える人はいないでしょう。

 

それは何故か?

 

面接における本音と立前でもお話しをしていますが、人間関係が理由で転職をすることは逃げている。

と、あなた自身も理解しているからなのです。

 

もちろん、いじめやセクハラ、パワハラなど心身共に辛くなってしまう場合は別ですが、基本的に人間関係が理由で転職はしない方が良いでしょう。

それに付いて、お話しをして行きますね。

 

まず、人間関係が上手く行かないから転職をした人は、必ずと言って良いほど、転職先でも人間関係に悩まされることになります。

それは、どの会社へ行っても同じように相性が合わない人はいますし、人間関係が悪いのは、あなたにも原因がある可能性があるからです。

ここで言う、あなたの原因とは、コミュニケーション能力不足と言って良いでしょう。

社会において、このコミュニケーション能力はビジネススキルとして必須能力であり、企業という組織にいる以上必ず対人関係は出てきます。

それは、あなた自身も理解して入社したはずですね。

 

この様に、どこの企業へ行ったとしても人間同士で成り立っている社会ですから、対人関係は切っても切れないものでもあるのです。

人間関係で転職を考えている人は、まずは転職の前にコミュニケーション能力を高める事を考え始めましょう。

 

まずは、相手を受け入れる事が人間関係を良好に保つ第一歩になります。

相手が言っていることや考え方を、あなたなりに受け止めてみて下さい。

一度受け入れてみても、やはりダメだと思えば受け入れることを止めれば良いだけですから。

ここからスタートですね。

 

こういった小さなことを積み重ねることによって、この能力を高める事ができますし、転職の成功へ大きく前進することになります。

 

決して今の気持ちだけで動き出さないことです。

  • 人間関係が辛いから・・・
  • 会社の雰囲気が悪いから・・・
  • あの人の近くにいるだけで嫌・・・

それぞれに、言い分はあるでしょうが、まずすべきことは転職活動や退職ではなく、あなた自身を変えてみることです。

それでも、解決しなければいよいよ転職を考えてみることですね。

 

人間関係だけでの転職は、同じことの繰り返しになる可能性が極めて高いことから分かるように、最低限やるべきことをやってから行動をしないと、後悔することになりますからね。

 

次に、転職をするのに向いている人とは、どの様な人なのかをお話しして行きますね。

 

矢印会社から必要とされる人材であること

[転職の分岐点]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ