転職の分岐点

今では転職は当たり前のことで一般的だとお話しをしましたが、それに伴い転職の広告を多く目にする機会が増えたと思いませんか?

求人雑誌の広告から、求人サイトの広告、転職エージェントの広告まで多くの広告が世の中には溢れかえっています。

電車に乗っていても、扉の窓などに転職エージェントの広告が掲載されていたりしますね。

 

こう言った風潮?は、人事バカ的には良い反面、怖いなとも思ってしまうんですよね。

 

良いとは、自分自身のキャリアをもっと伸ばしたいと考えている方も多いですし、仲介役が増えているということは、チャンスが多く存在するという事ですから、更に上を目指す人間に取ってはとても良い環境が整っていると言えるでしょう。

しかし、怖いとは、求人が多く存在する事により、いくらでも職はあると勘違いして転職を繰り返してしまう人が増えているという事です。

転職回数が多いと不利になるで言っているように、あまりに多くの転職を繰り返してしまうと後々自分自身が厳しい状況に追い込まれてしまいます。

 

確かに求人は多く出ていますが、企業も内定基準を厳しくしていますので、安易に転職を考えてはいけません。

もちろん、転職に対する強い意思があるのであれば、問題はないですが、軽い気持ちで転職を考えるのは危険です。

 

一昔前までは、どうも仕事が自分に合っていないと分かっていても、取り敢えず3年程度は勤めていたものです。

それが今では、数ヶ月で退職してしまったり、1年未満で転職を考える人が多くなり過ぎてしまっていると感じます。

それは前述したように、求人が多くあるという思いで安易に転職を決意してしまう人が増えたことや、忍耐力を持った方が少なくなってしまったことなどが原因でしょう。

1年未満で転職を考えているという方は、転職を繰り返さない為に持つべき考えを参考に一度考え方自体を見直してみて下さいね。

転職の分岐点

 

正直、人事バカから見て1年未満だと、ろくに仕事も出来ていない状態だと思いますし、仕事が身に付いてはいないので、あなたのためにはなりません。

その仕事の事が何も理解出来ていない状態で転職をしてしまっていては、キャリアにもなりませんし、実際次の職で何の役にも立たないでしょう。

これら転職の話は若い世代だけに言える事ではなく、今や長年勤めて来た中高年にも転職は多くなって来ているのです。

企業側もキャリアや経験を積んだ中高年を貴重とし、好条件で雇い入れている場合もありますが、それは、一部の専門性が高い人材のみになります。

参考記事

中高年の転職について注意すべき点を、これらの記事に書いてありますので、ご参考に。

 

中高年になると、それなりのポストに就いていることもあり、人を管理する側に立っている事が多くなりますが、逆にそれが自信へと繋がり違う会社へ移ったとしても実力を出せると思い込んでいる方が多いのです。

人事バカの会社にも今までに40代から50代の多くのビジネスマンが面接を受けに来ました。

面接では自信満々という雰囲気なのですが、いざ働いて見ると「あれ??」と言う事は少なくありません。

それは、人事バカが思うだけではなく、その本人が一番思っている事なのです。

中高年でまともな転職ができるのは、一部の限られた人材だけだということを理解しておきましょう。

 

どんな立場だよ。

と怒られてしまうかも知れませんが、今転職を考えている人たちの中で多くの人が転職の本当の姿を理解出来ていないと思います。

 

じゃあ、転職ってどんな物なのよ。

それをこれから、転職を成功させるポイントとして、5つのお話しをして行きたいと思います。

 

まずは、人間関係を原因として転職をした場合は、同じ様なことになる可能性が高いというお話しから行きましょう。

 

矢印人間関係での転職は同じ事の繰り返し

[転職の分岐点]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ