今後の転職

今までは、企業も終身雇用、定年というのが当たり前でしたが、時代は変わり、大手企業でもいつ倒産するか分からない時代へと突入しています。

また、経済状況の悪化などにより、リストラが増加したりもすることもあります。

そうなると必然的に終身雇用も危うくなりますね。

 

定年も年金受給年齢の上昇により微妙な状況になりつつあるのです。

30年後には、年金の受給年齢は70歳になっている可能性もある訳ですから、定年も70歳となっている可能性も否定は出来ません。

事実、政府は企業に向けて定年年齢の引き上げ(65歳)を要望しています。

ですから、国が行う年金にばかり頼るのではなく、個人でも対応が必要になって来ているのです。

 

また、IT化により時代の流れが早くなって来ているので、10年前に活躍していた業種のキャリアを持っていたとしても、現在では何の役にも立たない事なども多々あるのです。

と言う事は、現在活躍しているキャリアを持っていたとしても、数年後から10年後には、そのキャリアは廃れてしまい、意味のない物になってしまう可能性もあるという事です。

ですので、ひとつだけの事に打ち込み、専門性を深めてキャリアをアップして行く事もとても大切ですが、そのキャリアを2つないし3つ程度持っていると将来的にも安心が出来るのではないでしょうか。

 

その為には、年を取ってからだと厳しい面も多少なりともありますので、若い頃に1度か2度は転職を経験しておくことです。

それにより、キャリアの幅を広げる事が出来、将来的にひとつのキャリアが使えなくなったとしても、対応は難なく出来る事でしょう。

また、同時に今の流れを掴み、どのキャリアが今後伸びて行くのかを予想して、それを伸ばす事も必要になって来ます。

 

この様に、常に将来の事を見据えて転職を行うべきであり、短期的なことへ拘りを持つのではなく、長期的なことへ拘りを持つべきです。

詳しくは、転職が成功したかどうかは長期的に見て判断するを参照。

今転職に後悔していたとしても、長期的に見れば良い経験となるものです。

 

今、過去を振り返ってみても「あの頃はあんな小さな事でクヨクヨ悩んでいたな」と思う事はありませんか?

実は今、悩んでいる事も数年後には「小さな事」で片付けられてしまうんです。

それは、転職に壁は付き物でも話した様に、大きく立ちはだかる壁を越えて来たからこそ、そう思うのです。

今は失敗だと思っていても、将来振り返ると成功だったと言えるようになる、という事なんですね。

 

真の転職成功とは、生涯で満足出来る充実した人生を送れているかどうか、だと人事バカは思います。

あなたも是非、人生に素晴らしい転機をもたらす転職をしてみて下さい。

 

次は、前述した内容とは真逆のブラック企業に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

矢印人事バカのブラック企業記

[番外編]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ