転職が成功したかどうかは長期的に見て判断する

タイトルの通り、転職を成功するとは、短い期間で簡単に測れるものではなく、長期的に見て初めて成功したかどうかが分かるのです。

転職の成功と失敗でもお話しした様に転職は「満足に思うような仕事が出来る」「転職をした目的に近づける」「長期に渡り働ける」事が重要なのです。

ですから、目先の条件や、給与額、ポジション、待遇などに目を向けるのではなく、長期的に考えてキャリアを積み上げる事が出来るのか、自分の人生にプラスにはたらくのか、を見るべきでしょう。

 

給与額に関しても、最初から高額な企業ばかりを見るのではなく、額が低くても充実した仕事を出来そうなところを見た方が良いですね。

そして、入社後に結果を出し、その成果に応じて給与は付いて来るものですから、実力さえあれば給与は後から何とでもなるものなのです。

実績と給与は比例するでも詳しくお話ししていますので、参考にしてみて下さい。

 

しかし、人事バカ的には、実際、完璧な転職はないと考える事が正しいとは思っています。

転職の成功は「結果的にそうなった」「結果的にそう思った」だけであり、転職した当時は完璧に成功をしたとは思えないはずだからです。

本当にあの時、転職をして良かったと思えるのは、後々になってからなのです。

 

逆に言うと、転職当初は「こんなにつらい目にあうのなら転職なんてしなければ良かった」と思っていたとしても、10年後にふと思い返してみると「あの時に転職をしていたおかげで今の地位にいるんだな」と思える事もあるのです。

この様に、本当に転職が成功なのか失敗なのかは、短い期間で理解出来る事ではないのです。

ある程度の時間が経ち初めて本当の答えが分かると言えます。

 

転職をする度に、新たな事に挑戦し学び、技術や知識を習得してキャリアを積み上げて、結果的に今の仕事に役立っているのかどうかが重要なのです。

しかし、転職した当時は不安や厳しさが先行してしまい「本当にこの転職はよかったのか」と疑問が出て来るかも知れませんが、そこで辞めてしまい更に転職を繰り返してしまうと、どんどん自分の首を締めてしまう事になってしまいます。

転職を繰り返さない為に持つべき考えも参考になりますから、読んでおいて下さいね。

ですから、転職は長期的な目線で見る様にして、短期的に判断をする事は避けるべきでしょう。

 

次は、転職後の壁に付いてお話しして行きたいと思います。

 

矢印転職に壁は付き物

[番外編]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ