資格は転職に役立つのか

学生時代に多くの資格を取得したという方も多いのではないでしょうか。

しかし、社会に出てみて本当に役立っている資格は、どれ程の数ありますか?

 

資格には数多くの種類があり、仕事に役立つ資格、転職に役立つ資格、人の役に立つ資格、お金を稼ぐのに役に立つ資格など、その用途はそれぞれです。

ここでは、転職に役立つ(採用に対して有利な働きがある)資格に付いて触れて行きたいと思います。

 

転職に役立つ資格には、下記の様な物があります。

  • 簿記1級、簿記2級
  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引主任者
  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • 管理業務主任者
  • 秘書検定

他にも役立つテストとして、TOEICなどがあげられます。

グローバル化している昨今では、英語を話せる事は一般的になりつつありますが、外国資本が突然会社に入ってくる可能性も否定出来ません。

そうなると、社内での用語が英語になるという事もあり得るのです。

TOEICで700点以上を取っていれば問題なく対応が可能だと思いますので、TOEICテストを受ける場合は、それ以上を目指しましょう。

 

上記にあげた資格以外にも転職に役立つ資格は多くありますが、一般的に認知されていて専門的な知識を持っていると、採用に対して有利になるのはこのあたりではないでしょうか。

特に、簿記や宅地建物取引主任者などは幅広い企業で必要とされますので、取得しておいても良いと言えます。

秘書検定に関しては、女性に人気で女性が転職をする際に重宝しそうです。

 

資格を取得しようと考えた時には、役に立たない資格を持っていても意味がありませんので、あなたが今後目指したい方向を見据えて取得することが望ましいでしょう。

 

続いて、転職の成功は短期的に見て判断するのではなく、長期的に見て判断すべきだというお話しをしたいと思います。

 

矢印転職が成功したかどうかは長期的に見て判断する

[番外編]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ