転職をする理由を明確にする

転職に成功するためには、転職活動を行い、転職希望先企業に必要な人材であると認めてもらわなければなりません。

その方法として企業側は、履歴書や職務経歴書の郵送をしてもらったり、SPI試験を行ったり、エントリーシートの提出、面接試験などを行うのです。

 

採用基準はそれぞれの企業によって違いますが、ほとんどの企業は、定着率の高そうな人材を採用するものです。

なぜなら、せっかく採用しても、また転職を希望され離職されてしまうと、求人採用そのものが時間の無駄になってしまうからですね。

各企業がそれをどのようにして判断するのかは、志望動機や転職理由といったものに注視し、それを判断することが多くなります。

 

すなわち、転職希望者自身が何度も転職を繰り返さないためにも、特に転職理由は、自分の中で明確化しておくことが望ましいと言えるでしょう。

ただなんとなく転職すれば、給与や自分への待遇が変わるのではないか。

転職すれば、楽して稼げそうな気がする。

人間関係が嫌でそこから開放されたいから転職を希望する。

このような転職理由は、正直に言ってしまうと不毛だと受け取られかねない理由です。

この様な考え方の上で、転職を繰り返した所で、自分が思うような転職先とは巡り合えないのは明白でしょう。

 

ここでは、転職希望先に好まれ、自分自身のためにもなる転職理由を紹介していきましょう。

 

前向きと捉えられる理由

これは面接対策の一環にもなりますが、ポジティブな転職というイメージをつけることが成功に導くためのコツになります。

例えば、自分が持っているスキルをより活用出来る職場に巡り会いたいとか、自身のスキルを高めたい。

もっと高いステージで現場経験を積みたいといったものがそれに当たります。

 

他にも専門分野を深く掘り下げたいからといったものも転職理由としては、有効です。

向上心がなければ、やはり採用側も欲しいとは思ってくれませんし、何より自身の成長がストップしてしまうことになります。

待遇面などではなく、仕事そのものに対して、現状では満足しないという気持ちが大事になってくるのです。

 

ネガティブな理由が受け入れられないのはなぜ?

前述にもあるようなネガティブな理由が受け入れられないのは、全てが自分以外に要因があるという受け取られ方をするからです。

  • 人間関係に問題があった。
  • 残業が多かった。
  • 自分が望む仕事をさせてもらえなかった。

このようなことは、企業に問題があるのではなく、残念ながらあなた自身の働き方や振る舞いに問題があるから起こることなのです。

 

人間関係は自分の努力でいくらでも改善していくことは可能です。

残業の多さは、作業の効率化を計れば済む話でしょう。

自分が望む仕事が出来ないのは、そういったプロジェクトを発案し、プレゼンできない自分の責任です。

全て自分が悪いのに他人や企業のせいにするのは、社会人としては失格とみなされるのです。

 

転職エージェントの活用も視野に

本当に転職をした方がいいのか、それとも現職のまま仕事を続けた方が良いのかは、本人にはなかなか判断が難しいものです。

会社の上司に相談するにしても、会社を辞める相談をするわけですし、何かしらの不満を感じていることを上司に告げるわけですから、気まずいのは当然で、転職の相談は、会社の同僚や上司には相談出来ないものです。

なぜ、現在働いている会社の社員に相談ができないのかなど詳しく転職活動は秘密裏に行うのが鉄則でお話しをしていますので、参考にしてみて下さい。

 

そこで転職エージェントの存在が重宝します。

転職エージェントでは、第三者の視点から、現在の転職希望者のポジションを明確化してくれるからです。

転職を希望しても、

  • 成功率が低いポジションにいるのか。
  • 多くの企業が両手を挙げて争奪戦を繰り広げるほどの人材なのか。

このような判断を正確にしてくれるのです。

 

また、現在の自分のスキルや知識、実績などと実際の待遇が、正当なものであるのかどうかも判断してくれるので、転職をすべきかどうかの判断がつきやすくなる非常に便利なツールだと言えますね。

転職エージェントでは、現職の適合性から自己分析までを行うので、キャリアコンサルタントと話している中で、なぜ転職をしようと考え始めたのか、なぜ転職をしようと考えているのかなど、転職をする理由が明確になってくることも考えられます。

転職をすべきかどうか迷っている、取り敢えずは転職活動を進めてみたいと考えているのであれば、一度登録することをお勧めします。

 

転職理由は明確化させる

転職で、まず最初に重要になってくるのは転職理由を明確にするということです。

理由があやふやなまま転職をしてしまうと、目的がはっきりとしていないので、何を基準に転職先を探せばいいのかが明確でないために、失敗してしまう可能性も高くなります。

ですから、まずはなぜ転職をするのか目的を明確化してから動き出しましょう。

 

次は、転職活動においてのキーパーソンに成り得るキャリアコンサルタントに付いてお話しをして行きたいと思います。

矢印キャリアコンサルタントが付く期間には期限がある

[転職が始めての方]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ