まず登録すべき転職エージェント

転職活動を成功に導くために、転職エージェントを利用した方が、その確率が高いことは、もうお分かりのことだと思います。

転職エージェントを使えば、転職確率を挙げられる理由の一つとしては、履歴書や職務経歴書の作成サポートをしてくれるという点でしょう。

 

その他にも面接の際の振る舞いや服装。

更には志望動機や自己PRの仕方に至るまで、転職成功に必要なサポートが充実していることなどが挙げられます。

 

転職エージェントのほとんどは、上記のようなサービスを当たり前のように提供してくれるものです。

しかしながら、それぞれの転職エージェントによって、得意分野や不得意分野があったり、サポート力にも、大きな差が生じるものなのです。

 

では、転職が初めてで、まだ転職エージェントに登録をしたことがない方へお勧めすることができるエージェントはどこになるのでしょうか。

人事バカがお勧めするのは、数多くある転職エージェントの中でも、転職希望者に人気の高いマイナビエージェントです。

マイナビエージェントが人気が高いのには、それなりの理由が存在します。

その人気の高さは、利用者の満足度が9割を超えているほどに高いものですから、相当量に存在しています。

その一部をここでは紹介していきましょう。

 

万人向けではない転職サポート

転職エージェントのほとんどが、上記にもある通り、履歴書などの書類作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

しかしながら、ほとんどの転職エージェントが、大衆向けの無難なサポートに終始しています。

つまりは、同じようなマニュアル人間と感じられるような転職サポートしかできていないエージェントが多いということなのです。

 

企業の採用基準は「なぜ?」「どうして?」の質問に対して、明確に答えることが出来るかどうかであることが多いものです。

それに対して、一般大衆向けの返答しか出来ていない書類作成や、面接時の受け答えでは、転職成功の確率が低くて当然なのです。

 

マイナビエージェントでは、志望している転職希望先に合わせて、その答えをチョイスしてくれるサポートが充実しているので、転職成功の確率が高いのです。

 

書類選考の通過率が高い

マイナビエージェントは、数多くある転職エージェントの中でも、書類通過確率が高い転職エージェントとして知られています。

これは履歴書の作成や職務経歴書の作成サポートが充実しているからであり、前述にある通り、そのサポートが万人向けのものではなく、志望する企業毎に合わせているからです。

 

転職希望者の個性に合わせ、尚且つ転職希望先の情報を濃密に収集し、そこからオリジナルの書類作成を行えているという証明でもあるということですね。

ここで個性を相手に感じさせることができ、各企業の目に留まる書類作成が出来るのです。

 

マイナビエージェントは、新卒者向けのサポートでも定評のあるマイナビグループが運営していることからも、書類選考通過率の高さはそれらのノウハウを活かされている証拠なのでしょう。

 

登録しておくべき転職エージェント

前述までを読んで頂ければ、マイナビエージェントがどれほどに良質な転職サポートを行っているのかが分かっていただけると思います。

つまりは、転職活動を行う中で、登録しておくべき転職エージェントの一つといえるのです。

 

ここまでの高い転職サポートが実現出来るのは、長年の転職サポートの実績と、それぞれの企業の情報を知り尽くしているリサーチ力の高さ。

そして転職希望者の本質を見抜く、キャリアコンサルタントの能力の高さが挙げられるでしょう。

 

マイナビエージェントのキャリアコンサルタントが良質なのは、転職エージェントの世界でも非常に有名な話です。

利用者が公開している口コミ情報などでも、よく触れられているものですからね。

 

書類選考に強いことから、大企業などの書類選考を一次試験に設けているような企業や、目指す業界や職種の未経験者にとっては、非常にオススメの転職エージェントだと言えるでしょう。

 

次は、業種や業種に特化した専門性の高い転職エージェントに付いてお話しをしていきたいと思います。

矢印業種に特化した転職エージェント

[転職が始めての方]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ