求人には公開求人と非公開求人がある

転職エージェントに登録をすると、一般的には公開されない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

求人を大別すると、インターネットや求人雑誌といったスタンダードな求人媒体で誰もが見ることが出来る公開求人と、こういった求人媒体では、お目にかかれない非公開求人とが存在しているのです。

 

転職エージェントというキーワードで検索をかけると、転職エージェントの比較サイトなどが数多くヒットし、ランキングの中で、非公開求人が多数といったようなメリットが謳われていることが多いですね。

どうして非公開という形を取っているのか。

他にも、どうして公開求人と非公開求人とに分けているのかを、ここでは紹介していきましょう。

 

非公開求人とは

そもそも非公開求人とは、どういった求人なのでしょうか。

公開求人は前述にもある通り、誰にでも見ることが出来る求人を指します。

非公開求人の特徴としては、転職エージェントに登録をし、その転職エージェントがこの人になら紹介してもいいという判断がないと、それらの求人を見ることすらも出来ないものになります。

 

非公開求人になる求人というのは、公開してしまった場合、数多くの求職者が我先にと殺到してしまうような好条件の求人案件であることが多いですね。

ただ、そのまま公開してしまうと、応募条件に満たない人材でも、応募をしてくるという危険性があります。

 

企業にとって、採用に時間を割くほどに労力が掛かるものはありません。

これを防止するため、予め条件を出し、転職エージェントというクッションを挟んで、自社が求める条件を満たしていると判断された人材のみを紹介してもらうという選択をしているのです。

 

転職エージェントで抱えているのは非公開求人

ほとんどの転職エージェントでは、抱えている求人案件の80パーセントほどが、非公開求人と言われています。

つまり、ほとんどが非公開求人になるということです。

 

だからこそ、転職エージェントに登録をした場合、履歴書や職務経歴書を出すばかりではなく、SPI試験を受けたり、スキルチェックテストを受けたりなどの手間が掛かることになります。

こうしてあなたがどのようなスキルや人間性を持った方であるのかを、判断した上で、条件にマッチした非公開求人を紹介してもらえる様になるのです。

 

企業によっては、年齢制限はもちろん、細かい業務経験の有無などを条件にしていることも多いですから、登録の際には、しっかりと対策を立てていくようにしましょう。

ここまで見てくると、非公開求人には、相当な高いハードルが用意されていると思われる方も多いかもしれませんが、実際にはある程度の経験やスキルを重ねていれば、充分に非公開求人を紹介してもらえます。

 

非公開求人に巡り会うためには?

非公開求人がどういったものなのかは、把握出来たと思いますが、実際に紹介してもらうためには、どうしたらいいのでしょう。

非公開求人を紹介してもらうためには、あなたにマッチングした転職エージェントを利用することです。

 

例えば、特定の職種で業務経験があったり、高い専門知識などを有している場合には、そのジャンルに特化した転職エージェントに登録をすれば、市場で出回ることのない非公開求人と巡り会える可能性は高いでしょう。

 

逆にまった経験がなく、これから新しいジャンルに転職したいと思っている場合なら、未経験者や新卒者などの転職サポートに強い転職エージェントに登録をすれば、非公開求人と巡り会える可能性は高いのです。

このように、自分がどのような仕事をしたいのか、どのような将来の展望を描いているのかによって、選択すべき転職エージェントが変わってきます。

 

また、どういった条件を満たせば、良質な非公開求人と巡り会えるのかを、直接尋ねてみるのも、一つの方法といえるでしょう。

公開求人と非公開求人に付いては、こちらのなぜ公開求人と非公開求人があるのかでも詳しくお話しをしていますので、参考にしてみて下さいね。

 

次は、転職エージェントに登録後の面接から内定をもらうまでのことに付いてお話しをして行きたいと思います。

矢印面接、内定までの流れ

[転職が始めての方]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ