どの転職エージェントを選べば良いの?

転職エージェントは、転職をする上で今では欠かせない存在になっていますが、一体どの転職エージェントを選べば良いのか。

それが分からずに、迷ってしまい立ち止まってしまっている方もいるはずです。

 

そこで、人事バカなりの転職エージェントの正しい選び方をお話ししておこうと思います。

※あくまでも人事バカのこれまでの経験や考えを踏まえて、独自の判断ですので参考程度に読んで下さいね。

 

転職成功の鍵はキャリアコンサルタント

転職を成功させる鍵は、どこにあると思いますか?

転職エージェント?

いいえ、違います。

 

転職を成功させる鍵は、転職エージェントの担当者であるキャリアコンサルタントにあるのです。

転職エージェントに登録をすると、それぞれにキャリアコンサルタントが担当として、あなたに付きますが、その担当者が優秀であったり無能であったりすることにより、あなたの転職活動は大きく左右されることになります。

 

しかし、キャリアコンサルタントを選ぶことは出来ませんので、最初から登録をする転職エージェントを1社に絞る必要はまったくありません。

むしろ絞り込んでしまうことは、あなたに取ってデメリットでしかないのです。

ですから、転職エージェントは複数併用することがベストな考え方になります。

 

評判の良い3社程度の転職エージェントに登録をして、付いてくれたキャリアコンサルタントが優秀かどうかを見極め、この人となら転職活動を上手く進めて行けそうだなという方を見つければ、それで良いのです。

いきなり1社に絞り、優秀なキャリアコンサルタントに巡り会おうとしても、それは無理というもの。

多くの選択肢の中から、見つけていく方が断然有利に見つけることが可能ですので、最低でも3社くらいには登録してみて下さい。

 

転職エージェントの種類を理解する

複数に登録をした方が良いということが分かったところで、ではどこの転職エージェントに登録をすれば良いのかを解説していきますね。

 

転職エージェントは、大きく別けて総合型と専門型の2つに別けることが出来ます。

総合型は、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、どの職種や分野に対しても対応が出来る転職エージェントで、専門型は、ある業種に特化した転職エージェントです。

例えば、メイテックネクストならエンジニアの転職を専門としています。

 

総合型の転職エージェントは、大手ばかりで企業との付き合いも広く、多くの求人数を誇りますが、浅いお付き合いの企業が多くなります。

浅く広くってやつですね。

しかし、浅いといっても多くの人材を排出していますので、必然的に企業側も転職エージェントに頼るしかない部分もあります。

専門型の転職エージェントは、小規模な会社が多いですが、企業とのお付き合いはかなり深く太いパイプを持っています。

求人数は、総合型に比べてしまうと見劣りしますが、質の良い求人に期待が持てるでしょう。

 

また、キャリアコンサルタントに付いても、総合型では専門的な知識を持っていない方が専門職も担当していたりする場合もあるので、対応に不満を持つ可能性は高くなります。

しかし、専門型では、その専門職に就いていた方がキャリアコンサルタントとして担当になることが多いので、専門的なことでも交渉や質問などにストレスなく対応してもらうことが出来ます。

 

キャリアコンサルタントが持つ知識そのものが違う可能性がある訳ですから、紹介をしてもらえる求人に付いても、総合型と専門型では違いが出てくる可能性も否定は出来ません。

専門型の方が質の良い求人を紹介してもらえると前述しましたが、総合型に質の悪い求人しかないかと言えばそんなことはありません。

あくまでも専門型の場合は、その専門的分野で突飛つしているので、必然的に質の良い求人が揃うということで、総合型にも探せば質の良い求人は山ほどあります。

しかし、それを紹介してもらえるかどうかは、キャリアコンサルタント次第だと言うことです。

 

登録順序は総合型から専門型へ

もし、ある専門職のみで転職を考えているのであれば、初めから専門型の転職エージェントへ登録することが望ましいでしょう。

 

しかし、全員がこうではなく、専門職を希望するかもしれないが、他の職種や業種にも興味があるなど、明確に転職希望先が決まっていない場合は、まずは、総合型の転職エージェントへの登録をお勧めします。

総合型の転職エージェントで担当となってくれるキャリアコンサルタントは、あらゆる業種の知識があるというメリットもありますので、あなたの今までのキャリアやこれからの将来像を伝えて、どのような仕事が合っているのかをアドバイスしてもらいましょう。

 

そこで、自己分析をするなどをして、やりたい事や挑戦してみたい事が明確になれば、その業種の専門型転職エージェントがあるのであれば、そこに登録をすれば良いだけです。

決して1つの転職エージェントに登録したからといって、その転職エージェントで転職をしなければならないということはありませんので、ご安心を。

 

この様に、総合型から入り専門型に移行していけば、着実に転職を進めることが出来ますし、あなたの目指すものが見えてきやすくなります。

また、途中から専門型の転職エージェントに登録したからといって、総合型の方を切る必要もありませんので、良いキャリアコンサルタントの場合は同時進行で進めて下さい。

 

前述したように、転職エージェントへの登録は3社程度の複数にした方がメリットがありますので、まずは総合型の転職エージェントへ登録してみましょう。

 

次は、具体的にどこに登録すべきなのかを、参考になるようにランキング形式で比較してみましたので、選択の時に使ってみて下さい。

矢印転職エージェントの人事バカランキング

[転職エージェントの選び方]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ