質の高い求人を手に入れる為には限界を作らないこと

「転職サイトに登録するのはどこが良いですか?」

「いくつくらいの転職エージェントに登録すれば良いですか?」

「私に一番合う求人サイトはどこでしょうか?」

この様な質問をする転職者がいますが、実は、こういった質問をすること自体が間違っているのです。

 

求人情報を手に入れることが出来る就職サイトは、大きく別けて3つあります。

  1. すべての求人情報を誰でも検索できる求人サイト
  2. 企業からのスカウトをもらう転職サイト
  3. 非公開求人をキャリアコンサルタントを通して紹介してもらえる転職エージェントサイト

 

就職サイトの特徴

求人サイトに関しては、不特定多数の人が閲覧することが出来て、企業側も企業名を出して人材を募集しているスタイルになります。

一般的な求人が多く、いわゆる掘り出し物的な求人情報は載っていないですね。

仲介役などが間に入りますが、ハローワークなどもこの部類に入ります。

 

スカウトを待つ形の転職サイトは、そのままで企業からのオファーを待つスタイルになります。

自分のキャリアに自信があったり、専門性の高いスキルを持っている方は、このスカウト型でも良いでしょう。

 

転職エージェントは、転職が始めての方や転職活動をする時間が無い方にお勧め出来る就職サイトです。

一般の求人サイトには出回っていない非公開求人が8割を越えるサイトがほどんどですので、一般の求人サイトよりも条件の良い求人情報を見つけることが可能です。

合わせて、求人情報の収集から、応募、面接の段取りアドバイス、内定フォローまですべてをキャリアコンサルタントが代行して行ってもらえるので、効率の良い転職活動が可能になります。

また、転職を支援しているプロから応募書類や面接のアドバイス、フォーローをしてもらえるので内定率も高く、短時間での転職が期待出来ます。

 

転職エージェントのメリット

この様に転職サイトは別れていますが、人事バカがお勧めしているのは転職エージェントですね。

  • 質の高い求人情報を手に入れられること。
  • 転職のプロから支援を受けることが出来ること。
  • 活動代行で在職中でも転職活動が可能なこと。
  • 短時間で効率の良い転職活動が出来ること。
  • 一般応募よりも内定率が高いこと。

 

この様なメリットがありますので、始めての転職や、働いている状況で転職を目指している方には特にお勧めすることが出来ます。

 

自分の中で限界を作らない

冒頭で「こういった質問をすること自体が間違い」とお話ししましたが、どの転職サイトに登録すべきか、転職サイトに登録をする数、自分に合う転職サイトは、もともと人に聞くべきではありません。

なぜなら、それぞれに転職で目指すものが違いますので、それぞれに合った転職サイトは違うからです。

 

登録サイトの数に関しても、人事バカでは出来る限り多くのサイトへの登録を推奨しています。

複数のサイトへ登録することができれば、利用をしてみて絞り込んでいくことが可能です。

しかし、2件のサイトにしか登録しなかった場合は、絞り込むことも出来ませんから、その後の選択肢がなくなります。

2件しか登録しなければ、それがあなたの限界になってしまいますので、絶対に自分で限界を作らないようにして下さい。

ですから、最低でも4~5程度のサイトへの登録をお勧めします。

 

実際に複数のサイトを利用してみて、自分には合わないと思うサイトや、良い求人情報がないと思ったサイトは退会すれば良いのです。

残ったサイトで転職支援をしてもらうことで、効率の良い活動をすることが可能になります。

また、転職エージェントは、専門分野のあるサイトや、得意分野不得意分野のあるサイトもありますので、その辺りを考慮して登録すれば無駄はないでしょう。

 

質の高い求人情報を手に入れる為には

後は実際に、あなたが経験をして判断を下すことです。

キャリアコンサルタントと接していれば質の良いサイトと、質の悪いサイトでは、差があることが分かってきます。

そして、どの分野の求人に得意なのか、多くの求人情報を抱えているのか、この辺りも判断材料のひとつでしょう。

 

決してやってはいけないことは、最初から選択肢を狭めてしまうことです。

多くの選択肢を持つことから始めて、そこから絞り込むようにしていきましょう。

そうすることにより、より良いサイトに巡りあう可能性は高くなりますし、多くの求人情報を手に入れることも可能になります。

 

企業によっては、ここの転職エージェントにしか求人を依頼しないなど限定して依頼することもあり、独占で求人情報を保持している転職エージェントも存在します。

ですので、より多くのサイトへ登録した方が、そういった求人情報を手に入れることが出来る可能性も格段に高くなります。

このような求人の場合は、競争率も低くなる傾向になりますから、ぜひ手に入れてみて下さいね。

 

続いては、時事問題に関して質問された時にどう対処すべきなのかをお話しして行きたいと思います。

 

矢印時事問題を効率的に得点につなげる方法

[面接マスター]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ