OB訪問で悪印象を与えない為に

OB訪問をするのであれば、多くの企業を回るべきです。

それは、本番の面接とまではいかなくても緊張感を持つことが出来ますので面接の練習となるからです。

 

最高のパフォーマンスでOB訪問

OB訪問は、第一志望の企業に応募をする順番と同じように、志望企業でないところから順番に回っていくべきでしょう。

そして、最後に第一志望の企業へ訪問する。

訪問は面接と同じで、数をこなすことで慣れが出て来ますし、何を聞くべきなのかがはっきりとして来ます。

第一志望の企業へOB訪問する際には、ベストな状態で挑んで下さいね。

 

2度目以上の転職の場合は、以前の転職時にOB訪問をしているのなら、第一志望の企業へ訪問するまでに何社の企業へ訪問をしたのか思い返してみて下さい。

その数が多ければ多いだけ第一志望の企業へ入社したいという、あなたの本気度が高いということです。

いきなり第一志望の企業へ訪問をするようでは、本気度が低いでしょう。

OB訪問もある意味、評価される対象であると意識した方が良いので、練習を重ねて間違いがないようにして下さい。

 

OB訪問での注意点

OB訪問では、自ら発言をして聞きたいことを聞くことが重要です。

優しいOBの場合は、有力な情報を勝手に教えてくれるだろうと思わないことです。

必ず何を聞くべきなのかをまとめてから訪問するようにしましょう。

間違っても、黙ってしまったり、モジモジしないことです。

 

OBは時に、転職に役立つ情報も提供してくれる場合があります。

ただ、何も喋らずにいれば、そんな情報は教えてもらえません。

あなたの事を気に入ってもらえて始めて、そういった情報を教えてくれるのです。

 

中には、OBのことを褒めるだけ褒めて満足そうに帰ってしまう方もいるようですが、訪問をする目的を確りと持って下さい。

会って気分を良くしてもらう為に行くわけではないですよね?

 

また、OBは忙しい時間を割いて会ってくれていることを忘れてはいけません。

無駄な質問や気分を害するような話しは避けるようにしましょう。

 

例えば、既に知っていることを聞くことや、企業サイトや求人票に載っていることを聞くことですね。

聞いても意味の無いことも質問するのは止めて下さい。

「今期に中途社員の採用人数は?」などです。

採用人数を聞いたとしても、あなたはそれに対する作戦があるのでしょうか?

どうせ何も出来ないのであれば聞くだけ無駄というものです。

 

他にも転職には関係のない話しをすることも微妙です。

これも何の為に会っているのかを認識することで、こういった質問は出て来ません。

この様な質問をしていると「何のために訪問をしているの?」と聞かれてしまうでしょう。

この質問が出てきた時には、最悪な状態です。

 

確りと何故OB訪問をするのかを再認識してから、行動をするようにしましょう。

OB訪問に関しては、OB訪問OG訪問は転職でもすべきで具体的に詳しくお話しをしていますので、参考にしてみて下さいね。

 

続いては、OB訪問で採否が決まることはありませんが、選考の場として利用されていることもあるというお話しをして行きたいと思います。

 

矢印OB訪問も面接本番だと思い対応すること

[面接マスター]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ