OB訪問も面接本番だと思い対応すること

「OB訪問は、選考される場ではないので気楽に」と思っている転職者は要注意です。

確かにOB訪問は、面接ではないので合否がここで決まるということは滅多にありませんが、中には、選考の場として使われていることもあるのです。

そう、あなたに接触したOBが人事へ報告をすることがあるということです。

 

ですから、OB訪問だとしても本番だと思い対応をすることが必須になります。

もちろん、志望順位の低い企業の場合は、練習として対応をしても構いませんが、次へ活かせるようにしましょう。

 

OB訪問ですべきこと

では、OB訪問であなたが出来ることとは何なのでしょうか?

以前の記事でお話しをしたように、聞きたいことは事前に準備をしておくことですが、その質問の返答に対して更に突っ込んで行くことです。

OBが回答してくれたことに対して、更に詳しく話しをしてもらうことで、あなたが熱心にその企業のことを聞きたいのだなと思われます。

そうすることで、OBに対してあなたの熱意が伝わります。

OB訪問では、あなたの聞きたいことや情報を聞くことが重要ですが、あなたの持っているコミュニケーション能力や熱意を伝えることもとても重要なのです。

 

OBの言葉に惑わされない

OB訪問をすると中には、かなり調子の良いOBもいます。

「君なら絶対にうちに受かるよ」「良い人材だったと人事に伝えておくね」など、あなたのことを褒めてくれる方もいるのです。

しかし、本当にそうなるのかと言うとそうでもありません。

 

受かると言われたのに面接後に不採用通知が来た、ということは良くあることなのです。

人事へ良い人材だと伝わっているのでしょうか?

人事バカ的には、ほとんどのOBがその通り伝えていないと思います。

OBも後輩の顔を立ててなど、いろいろと考えているはずですので、そういったその場しのぎの言葉が出ているのでしょう。

 

OBが受かると言っても、それを鵜呑みにしないことです。

その言葉を鵜呑みにして、面接対策を怠ってしまい、不採用となることも多いと思いますので、OBの言葉に惑わされないように充分注意して下さい。

OB訪問は、本番だと思い対応はしますが、本番のように相手の言葉を鵜呑みにしないように!

 

1社でOBには何人会うべきか

ここで少し話しを変えて、OB訪問は1社で何人の方に会うべきなのか。

その答えは、何人でもですね。

 

本当に、その企業へ興味がありもっと違う角度から知りたいと思うのであれば、お会いしたOBに紹介をしてもらえば紹介してくれるはずですので、お願いしてみるのも良いでしょう。

あなた自身も会う人が多くなればなるだけ、情報が手に入りますし、会社の雰囲気も分かって来ます。

会うOBは、年齢の違う方、部署の違う方など、いろいろなパターンで会ってみるのも良いですね。

 

訪問後の対応

面接後にお礼状を送ることと、面接後のお礼状でインパクトを与えるでお話しをしていますが、OB訪問でも同じくお礼状を送ることはとても大切です。

多くの転職者は、これを怠っている傾向にありますので、OBの印象も大きく変わるでしょう。

お礼状を送ったから、採用されるということはありませんが、微差で採否が決まっているので、この様な小さな差が積み重なって大きく結果へと関わって来るのです。

 

OBもビジネスマンで忙しい日々を過ごしているので、お礼は電話は避けてハガキなどで出すようにして下さい。

お礼のつもりが、電話で長話などしてしまうくらいなら、まだしない方がましかも知れません。

相手の状況を考えて、あなたの行動をするようにしましょう。

 

転職は多くの人と接するチャンス

転職活動は、多くの人と巡り会い多くの方の意見を聞けるチャンスでもあるのです。

あなたがどこかの企業の一社員である場合は、自由に他企業の社員の方が会ってくれたりはしてくれませんよね。

ましてやライバル企業ともなると厳しいでしょう。

 

OB訪問で先輩方にお会いすることもそうですし、面接で役員や社長などと同じ席で会話をする機会も、転職活動ならではですね。

目上の方がどういった考え方を持っているのか、会社を動かしている方がどういった思いで経営しているのかなど、この様な時しか聞くことは出来ません。

転職活動は、あなたの今後の考え方を形成する上で、とても重要な時間だとも言えますので、OB訪問や面接などを経験として大切にして行きましょう。

 

社内雰囲気を見極める方法

最後にOB訪問で会社の雰囲気を知る方法に付いてお話しをしたいと思います。

 

OB訪問の方法として、・個人的に訪問する方法と・人事を通して訪問する方法の2つがあるというお話しをOB訪問OG訪問は転職でもすべきでしています。

人事を通して訪問する方法に関して言えることですが、転職希望の企業へOB訪問をお願いすると人事が選んだOBとお会いすることになります。

その選ばれたOBの雰囲気と社内雰囲気は一致するのです。

 

何故ならば、採用を重視している企業であれば、優秀な社員をOBとして対応させるはずです。

採用重視ということは、社員を大切にする企業だということになります。

そういったOBは、面倒くさがらずに転職者の話しを親身になって聞いてくれる傾向にありますし、企業にとってマイナスのことでも教えてくれることが多いですね。

 

逆に、社員を大切にしない会社の場合は、その時に空いている社員や暇な社員をOBとして対応させています。

採用に対して重視されていないので、社員を大切には扱ってくれないでしょう。

この様なOBは、その場にくることすら面倒だったなど、会社に対する愚痴すらしてしまう方もいるのです。

 

あなたの会うOBは、たまたま来たのではなく、選ばれて来ているので、その企業の社員のあり方が必然的に現れるのです。

ですから、OBの雰囲気と社内雰囲気は一致するのです。

 

これから、転職後は何十年もその会社で働き続けることを考えると、そう簡単には雰囲気をつかめないかも知れませんが、OB訪問をしていない方と比べると大きく差が出るはずですので、ぜひ行ってみて下さいね。

 

次は、三流企業からの転職と、一流企業からの転職では、有利不利があるのかどうかをお話したいと思います。

 

矢印三流企業からの転職は不利!?

[面接マスター]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ