企業は利益につながる人材を求めている

面接で志望動機を聞かれますが、それは、あなたがその企業で何が出来るのか、何に貢献することが出来るのかを見ています。

単純に入りたい理由を聞いているのではありません。

 

あなたとしては、こういう事をして来たので、新たにこういう事が出来る仕事に就きたい、そういった業務が出来る企業へ移りたいと思い転職を考えたのでしょうから、志望動機には、これがそのまま当てはまりますね。

ですので「貴社は、この業界で○○の技術を持っている唯一の企業です。私が経験をして来た○○を応用すれば、貴社で技術が活かせると思い・・・」と、その企業で何が出来て何に貢献することが出来るのかを明確にすることが重要です。

 

利益を出す人材かどうかを見られる

転職者の場合は、新卒者とは違い、即戦力が求められています。

即戦力とは、入社後に一定期間を経て利益を生む人材ということですので、転職者の面接では、その企業にとって利益を生むことが出来る人材なのかどうかを評価基準としている企業がほとんどでしょう。

ですから大げさに言うと、あなたは面接で「私はこんな技術を持っているので、これだけの利益を生み出すことが可能ですよ」「この技術が他の会社に渡った場合は、貴社はこれだけの損をすることになりますよ」「私を採らなければ後悔することになりますよ」と間接的に伝えて行かなければなりません。

 

そんな利益を生むような技術も能力もないよっ!

と言われる方も多いでしょう。

しかし、それは心配する必要はまったくありません。

 

転職者だからといって、すべての人にすぐに利益を求めることはありませんし、あなたの将来を見てくれる場合がほとんどでしょう。

「これだけの技術しかないが、学ぶ姿勢や向上心はあるので、将来的にはこれだけの利益を生み出しますよ」と間接的に伝えることで、あなたの将来性を見てもらうことが可能です。

 

志望動機で注意すべき点

志望動機を話す場合に注意すべき点があります。

それは、その企業を褒めるだけで終わってしまうということです。

「貴社は、この業界で唯一○○の技術を有しており、専門性も高く・・・」と、褒めるだけ褒めて付け足すように「ですので、貴社で働いてみたいと思いました」などで締めるのは、止めておいた方が良いですね。

 

なぜ止めておいた方が良いかというと、この様な褒めるだけの志望動機を語る面接者が多いからです。

みんな似たような言葉を使って来ますし、面接官も、そんな褒め言葉は、既に数百回と聞いているので飽き飽きしていますね。

そして、こういった志望動機を語る人は、確りとした明確な志望動機がない傾向にあります。

 

前述したように、志望動機は、あなたの売り込みをするべきなのです。

「私の力を見て下さい」「私の将来性を見て下さい」この様にです。

どれだけ会社を褒めようが、あなたの評価には何も影響しないということを認識して下さい。

 

志望動機の具体的なヒント

  • その企業に入社してから何がしたいのか。
  • 何が出来て、何に貢献出来るのか。
  • どのような戦力になれるのか。
  • どのような社員になりたいのか。

このあたりを、良く考えておきましょう。

 

面接において、転職者と面接官では面接官の方が立場が上にはなりますが、下手に出てばかりでは、あなたの良さは伝わりません。

表には出さなくても「私は貴社に対してこれだけの利益をもたらせることが出来る。私を採らなければその利益を失うことになる」と感じさせて立場を逆転させることも時には必要なのです。

面接は受け身では受かりません。

常に、積極的に押して行かなければダメなのです。

 

次は、面接官の質問に対して、回答をする時には、新たな発想をすることが出来るかどうかで評価が大きく違ってくるというお話しをして行きたいと思います。

 

矢印発想の違いで大きく評価が別れる

[面接マスター]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ