面接を制する者は採用を制する

転職活動で避けては通ることができないのが面接です。

この面接で、あなたが希望の企業へ入社出来るかどうかの合否が決定されると言っても過言ではありません。

ですが、面接の対策を完璧にしている方は、ほんの僅かです。

何社も面接を受けてはいるが、採用までは至らない。

そんな方は、面接対策をしていない場合が多いのです。

 

企業に対して何を与えることが出来るのか

学生から就職をする際には、情熱ややる気を見せれば採用となる可能性もありますが、こと転職となるとそれだけでは厳しいでしょう。

あなたが何を出来て、希望する企業へどんな貢献をすることが出来るのかを、短い時間内で伝えなければならないのです。

 

テレビCMを思い出してみて下さい。

テレビのコマーシャルは、15秒という短い時間内に最高のパフォーマンスを発揮させなければなりませんね。

商品のコマーシャルの場合は、その15秒に、その商品を買いたくなるようなアピールをすることや、イメージを良くすることになりますが、面接でも同じです。

あなたという商品を短い面接の時間内に最高のパフォーマンスを発揮させて、採用したくなるようなアピールをするのです。

 

それには、面接官にインパクトを与える必要も出てきます。

コマーシャルもインパクトがあると印象に残りますね。

 

重要なのはプレゼンテーション

企業に入れば、企画のプレゼンテーションを行ったり、営業先で自分のことを深く知ってもらうなど、アピールは常に付いて来るのです。

面接も仕事だと思い、自分のことをプレゼンテーションしてみて下さい。

受かるために面接を受けるのではなく、自分のことを理解してもらうために面接を受けるのです。

こういった意識はとても大切で、結果ばかり追い求めてしまっても目の前のことを見落としやすくなりますからね。

 

20年以上、30年以上、経験を積み学んできたことにより、あなたという商品が素晴らしいものだとは分かっていても、どこが優れているのか、何が売りなのかが伝わらなければ評価のしようがありません。

ですから、自分は良い人材だとしても、そう思っているだけでは、何の価値も理解してもらえないのです。

 

アピールで大きく評価が変わる

CMと同じで、どんなに良い商品でもアピール方法を間違えれば見向きもされないのです。

逆に言うと多少良くない商品でもアピール方法さえしっかりしていれば、評価が高くなるということでもあります。

ですでの、自分に対してそこまで自信がないという方でも、対策をすることにより、優秀な転職者より有利になることも十分ありえるのです。

 

面接で対策をせずに挑み、あなたのことを伝えてもせいぜい10%くらいしか伝わらないでしょう。

どんなに優秀な人材でも、10%しか自分のことを知ってもらわないで面接が終わり、採用を願っていること自体が間違っているのです。

しかし、対策をすることにより、100%に近い形で面接官にあなたのことを知ってもらい評価してもらうことが可能になります。

10%と100%では、10倍もの差がありますので、どちらが有利になるかは火を見るよりも明らかですね。

 

では、面接対策とはどんなに難しいことを覚えなければならないのかというと、実はそんなに難しいことはひとつもないのです。

この記事のカテゴリーである面接マスターさえ読んでおけば、間違いなく面接力は付くでしょう。

後は練習あるのみです。

練習を積むことにより、実践に慣れ、実践を積むことにより、感覚を掴むことが出来ます。

 

採用の近道となる面接対策を確りと学んでおきましょう。

 

まずは、ミスを少なくすることが重要だというお話しから行きましょう。

 

矢印ミスをいかに少なくするかが鍵

[面接マスター]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ