キャリアコンサルタントの交代も考える

キャリアコンサルタントも色々な方がいます。

  1. 転職やある業界の専門的な知識を豊富に持っている優秀な方
  2. 入社間もなく数人にしか転職サポートをしたことのない方
  3. 長く勤めてはいるが自分の成績のことばかり考えて転職者の気持ちを考えない方

1番目の優秀なキャリアコンサルタントに当たれば良いですが、そうでないこともあると思います。

 

キャリアコンサルタントの選択肢

では、優秀ではなく頼りないキャリアコンサルタントが担当として付いた場合に、あなたならどうしますか?

  1. 我慢して、そのキャリアコンサルタントで転職支援してもらう。
  2. キャリアコンサルタントを違う方へ変更してもらう。
  3. その転職エージェントは諦めて違う転職エージェントに登録し直す。

 

ここで最もしてはいけないことは、1番目の我慢する行為です。

転職はあなたの人生にとってとても重要な岐路であるということは、以前にもお話ししていると思います。

どこに転職をするのかによって、あなたの人生は大きく変わるのです。

そんな大切な転職において、あなたが我慢する必要はありません。

 

もし、質の悪いキャリアコンサルタントの場合は、2番目と3番目の行動を取るようにしましょう。

まず、違うキャリアコンサルタントへ交代してもらえるように交渉します。

交渉した結果に変更することが出来ない場合は、違う転職エージェントへの登録を考えて下さい。

 

転職エージェントでの転職の現状

実際は、多くの転職者の方が我慢をしてしまっているのが現状です。

それは、転職エージェントではキャリアコンサルタントの交代が出来ないと思っているからですね。

しかし、多くの転職エージェントでは、キャリアコンサルタントの交代を認めています。

下記が交代を認めている、または相談に乗るという転職エージェントです。

  • マイナビエージェント
  • メイテックネクスト
  • マイナビエージェント×IT
  • ウーマンウィル
  • DODA
  • JAC Recruitment
  • リクルートエージェント

転職エージェントの人事バカランキングで転職エージェントの比較表がありますので、良ければ目を通しておいて下さいね。

 

前述したように、多くの転職エージェントでキャリアコンサルタントの交代は認められていますので、あなたに必要なのは交代してもらえるようにお願いをする勇気です。

普段からビジネスの場にいる転職者の場合であれば、言えないことはないですよね。

 

質の低いキャリアコンサルタント

業界(専門)知識があるキャリアコンサルタントでもお話ししているように、キャリアコンサルタントの能力によって大きく、あなたの転職活動は変わってきます。

もちろん、キャリアコンサルタントとしても、出来る限りあなたに協力したいと思っているとは思いますが、能力差があるのは致し方無いことです。

また、中には成績のことばかり気にして、公開求人には応募させてくれないキャリアコンサルタントも存在します。

 

登録、利用すべて完全無料の訳の中で報酬に付いてお話しをしているので、理解出来ていると思いますが、キャリアコンサルタントは、なるべく非公開求人に応募してもらい転職をして欲しいと思っているのです。

公開求人では、固定額しか転職エージェントに入らないけど、非公開求人では、転職者の年収の35%程度が転職エージェントに入るからですね。

「もう、その求人は締めきっています」など嘘を付く場合もあるようなので、注意しましょう。

 

この様な、転職者のことを考えないキャリアコンサルタントは、すぐにでも交代してもらうべきでしょう。

少なくとも人事バカは、お付き合いすらしたいと思わないですね。

 

他にも、キャリアコンサルタントに持っていて欲しい経験として、転職経験があります。

転職の辛さや厳しさを身にしみて感じたことのあるキャリアコンサルタントであれば、あなたの気持ちも分かってくれることでしょう。

やはり、同じ経験をしたことがある人であれば、相手の気持ちも分かりますからね。

 

キャリアコンサルタントのやる気を出させる

あなたもビジネスマンなら分かると思いますが、相手の反応によってやる気が出たり出なかったりすることは分かりますよね?

もし、あなたから担当のキャリアコンサルタントへ「何社か転職エージェントを利用しているが、応募する時は、君にすべてをお願いしようと思っているよ」という一言があれば、キャリアコンサルタントもやる気が出て来ますね。

この様に、すべてをキャリアコンサルタントに任せて求めるだけではなく、あなたからもキャリアコンサルタントのやる気を出させてあげることも重要なんです。

 

 

あなたが価値の高い人材で採用されやすい人材であればあるほど、上記の言葉は他のどんな言葉よりもキャリアコンサルタントのやる気を出させることが出来るでしょう。

実際に、そのキャリアコンサルタントへ任せるとしても、最終的に他でしか出ていない求人で良い物があれば、それはビジネスライクに考えて、そちらで決めれば良いのです。

その求人が募集することが出来ていない、その転職エージェントが悪いのですから。

そこまで、あなたが面倒を見る必要もないですしね。

もちろん、その転職エージェントから出ている求人で良い企業があれば、そのキャリアコンサルタントから応募して上げて下さいね。

 

会社内で人を動かす仕事をしている方であれば、これくらいのことは当然にしているとは思いますが、ここまで考えていなかったと言う方は、ぜひこれらの言葉を使って下さい。

そして、キャリアコンサルタントを動かしてみて下さい。

 

転職エージェントは、ただ使うだけではなく、活用することが大切です。

  • キャリアコンサルタントをあなたが動かす。
  • 他の転職エージェントも同時進行で活動を行う。
  • キャリアコンサルタントの交代を要望する。

色々な選択肢を持ちながら、あなたの転職活動を進めて行くべきなのです。

 

次は、転職エージェントに登録しようとしても出来ない場合がありますが、それはどういった時なのかをお話して行きたいと思います。

 

矢印登録拒否も有り得ます

[転職エージェントの知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ