キャリアコンサルタントのカウンセリングとは

キャリアコンサルタントのカウンセリング

自己分析をまったくせずに転職を行ってしまうと、またいつか転職をすることになる可能性は高くなります。

それは、あなた自身が本当はどういった目的で転職をしようとしているのか、を把握できずに転職をしてしまっているからです。

なぜ転職をするのか?

これが明確になり、それを払拭する職場へ転職をしない限り、再度転職をすることになるでしょう。

 

では、自己分析をするにはどうすれば良いのか?

自分で考え自分自身を見直す?

それでは、限界があります。

自分自身のことを客観的に見るには、誰か第三者の方にあなた自身を分析してもらうのが最も効果的なのです。

 

それを転職の際にしてもらえるのが、転職エージェントのキャリアコンサルタントによるカウンセリングになります。

このカウンセリングをするかしないかで、大きく転職の方向性が変わって来ます。

もちろん、自分で自分のことを客観的に見ることが出来るという方は必要ないですが、先程もお話しした様に自分自身では限界がありますので、ほとんどの方が必要になるはずです。

また、自分では客観的に見れていると思っていても、外から見ると全くもって客観的に見れていないと判断できることは多々ありますからね。

ですので、転職をしようとする際には、このキャリアコンサルタントによるカウンセリングは、受けるべきでしょう。

 

カウンセリングの目的

キャリアコンサルタントは、あなたに多くの質問をしてきます。

カウンセリングの目的は、転職の目的は何なのかを見極めることです。

 

最終的にあなたの転職目的が、現職の社内で達成できることであれば、転職を思い止まり社内での解決を打診してくるでしょう。

社外に出て、他の企業へ移るべきと判断された時は、大いに転職サポートをしてくれます。

あなたの状況に合わせて的確な判断をしてくれるのが、転職のプロであるキャリアコンサルタントの仕事です。

 

他にも、あなたの強みや将来性をとことん突き詰めてもらうことが出来ますので、今後どのような企業へ入るべきなのか、あなたがどの企業へ入れば最も力を発揮することが出来るのかを、分析してもらうことができます。

これには、自分では考えもしなかった結果が出てくる可能性も高いですね。

あなた自身が考えているよりも、あなたには潜在的な能力があったり、可能性を秘めていることも多々あるのです。

これは、自分では気がつかない、気が付くことが出来ないことが多いので、転職を考えた際には、カウンセリングはお勧めです。

 

逆に、自分自身を過大評価してしまっていることに、カウンセリングにより気が付く方もいます。

どんなに現職の社内では、高く評価されていたとしても、一歩外に出てみるとそこまで評価されないこともあるのです。

社内での評価と一般市場での評価はまったく別物です。

詳しくは、社内評価の高い人材が一般市場で評価の高い人材とは限らないでお話ししていますので、参考にしてみて下さいね。

 

自己分析の結果を受け入れる

また、このカウンセリングの結果を受け止めることが出来るかどうかによっても、今後の転職が大きく左右されます。

特に自分が思っていたよりも評価が低い場合ですね。

評価が低いということを受け入れることが出来ずにいると、自分とは吊り合っていない企業へ応募しても多くの企業で落とされることになるでしょう。

運良く内定をもらったとしても、入社後に苦労することは目に見えています。

 

仕事場は、自分のレベルに合わせて選ぶことが重要なのです。

その為にカウンセリングが必要ですし、その結果を受け入れることが大切なのです。

 

受け入れることが出来ない人は、自己の成長にも改善にもつながりません。

自己分析は、これらのことを受け入れることから始まり、そこから今後にどのように活かすのかが重要になるのです。

 

カウンセリングの重要性

転職は、人生においてとても重要な岐路であることを忘れてはいけません。

中には、転職をしたことによって転落人生を歩んでしまっている人もいるのです。

逆に慎重に転職活動をしたことにより、経済的にも精神的にもより豊かになっている人もいます。

 

転職の失敗を限りなく小さくする為にも、このカウンセリングが重要になります。

船の航海で言えば羅針盤の様なものです。

カウンセリングで、あなたの強み、弱み、方向性、可能性、能力が明確になってきます。

あなた自身のことを理解しているからこそ、今後にどのような企業へ入るべきなのかが見えて来るのです。

目先だけの給与や、待遇だけで決めてはいけません。

 

あなたの能力が確りと発揮でき、経験を活かすことができ、今後継続的に続けて行ける職場でなくてはいけないのです。

欧米では、多くの転職をしていたとしてもキャリアの積み重ねと判断されますが、日本では多くの転職をしている場合は、継続できない人間は、弱い、逃げる、など悪い印象が強くなってしまいます。

ですから、転職を多く繰り返さない為にも、確りと自己分析をしておくことは重要なのです。

 

次は、どの様なキャリアコンサルタントがあなたの担当に付くかで、大きく転職活動が変わるというお話しをしたいと思います。

 

矢印業界(専門)知識があるキャリアコンサルタント

[転職エージェントの知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ