登録拒否も有り得ます

転職エージェントを利用しようと思っても、すべての方が登録出来る訳ではありません。

転職エージェント側も仕事で転職サポートをするわけですから、限られた時間で何人の転職を成功させるかが利益へとつながって行くのです。(参考:登録、利用すべて完全無料の訳

ですので、転職をサポートしても転職が出来る状況でない方や、転職を成功させることが極めて困難な方の場合は、登録を拒否されることもあります。

要は、転職エージェントから見て利益とならない人材は、拒否されるのです。

これは酷いと思われる方もいるかも知れませんが、企業というのは常に利益を上げることによって成り立っているので、致し方ないとも言えるでしょう。

 

登録を拒否されるケース

例えば、どんな方がそれに当てはまるのか見てみましょう。

  • 年齢と転職回数が吊り合っていない
  • 実際に転職が出来る時期が遠すぎる
  • 転職を希望する業界の知識や経験が不足している
  • 年齢に合った業務が出来ていない

これらに当てはまる方は、要注意です。

それでは、ひとつづつ詳しく解説して行きますね。

 

年齢と転職回数が吊り合っていない

20代での転職で注意する点でお話ししているように、20代では2回、30代では3回、40代では4回、50代では5回という転職回数が上限でしょう。

年代別転職回数赤信号

それぞれプラス1回転職回数が増えるとすでに赤信号が灯っていますので、注意が必要です。

転職回数がこの上限に達っしてしまっている方は、転職をする上でかなり不利になると思ってもらって良いですね。

不利になる=不採用の可能性が高い

ということですので、転職エージェントとしても難色を示すでしょう。

 

なぜ転職が必要だったのか、転職をしてきた目的は何なのかを確りと理論付けて説明出来るようにしておかなければなりません。

もし、転職を繰り返してしまっている方は、こちらの転職を繰り返さない為に持つべき考えも参考にしてみて下さいね。

また、こちらの転職回数を多く見せない履歴書・職務経歴書の書き方も参考になるかも知れません。

 

実際に転職が出来る時期が遠すぎる

現在は、今の職場で新規プロジェクトのリーダーをしているので、それが終わってから転職を考えたいと思っている方で、その時期が3ヶ月後や半年後くらいなら大丈夫ですが、1~2年後となると転職先の企業の状況も変わって来ますので、今すぐに転職活動をすることは困難と捉えられてしまうでしょう。

こういった方の場合は、登録が出来ないわけではないのですが、ずっとキャリアコンサルタントが担当として付いてくれるということはない、というレベルです。

転職が出来るというポテンシャルは持っているので、時期が来れば良いだけですから、その時期がくれば再度登録すれば良いですね。

 

転職を希望する業界の知識や経験が不足している

これは、一番最初の【年齢と転職回数が吊り合っていない】と符合するところですが、勤続年数が短すぎたり、1つ1つの職場で長く勤めてられていないなどが、理由のひとつです。

後は、勤務年数などは充分なのですが、今働いている業界とは別の業界へ転職する場合ですね。

個人の能力が高ければ、この問題は払拭出来ますが、同業界転職の方に比べるとそれ以上の努力は必要になってくるでしょう。

 

実力もないのに、違う業界への転職を希望する場合は、転職エージェントから登録拒否をされる場合もありますし、かなり厳しい現実が待っていることは、覚悟しておいた方が良いですね。

業種や職種を変えての転職に付いては、こちらの転職の選択肢を変えるだけで大きく状況が変わるで詳しくお話しをしています。

 

年齢に合った業務が出来ていない

20代での転職では、経験や技術だけを見られるケースがほとんどですが、30代を越えてくると経験や技術に加えてマネジメントなど指導能力や統率能力などを求められるようになります。

ですので、30代でそういったマネジメントを学んでいる方と、学んでいない方では、大きく評価が変わってきます。(参考:年代で求められる物は大きく違う

年齢に合っている業務を出来ていない場合は、評価が低いと判断されますので、転職エージェントへの登録も厳しくなる場合があるのです。

 

年齢に合った実力を持っているのかを再確認してみましょう。

 

転職エージェントに登録拒否=転職困難

転職エージェントに登録しようと試みたが拒否された方は、転職をするのが困難であると意識した方が賢明です。

したがって、基本的には転職すべきでないと判断すべきなのだと思います。

 

もちろん、転職エージェントは好条件求人が多いので、審査も厳し目ですが、それは今以上の条件での転職は、あなたには厳しいかも知れないと教えてくれているのです。

確かに無理くり転職しようと思えば出来るかもしれません。

しかし、今以上の条件待遇での転職を成功させるには、相当の努力が必要になることは確かですし、努力をしたとしても今の職場以下になってしまうこともあります。

厳しい言い方かもしれませんが、転職をしてもいい結果が出る可能性の方が低いと言って良いでしょう。

 

人事バカも不動産屋を経営していますが、転職回数が多い方や、入社できるのが相当先、不動産関連の知識や経験がない、40を越えているのに主任以上の職に付いたことがない方は、お断りする可能性が高いですからね。

まぁ、不動産業界は独特ですので、知識や経験がなくても入れますが、確実に成果をあげられる人は、知識や経験がある人です。

 

すごく、極端な話ですが・・・

これらの様なハンデを持っている方の場合は、サラリーマンを諦めて自分の道を進むというのもひとつの手です。

人事バカのプロフィールでもお話ししていますが、人事バカは高卒です。

高卒でも、会社を経営して何とかやっていけています。

 

たぶん、このサイトを見られている方の大半は大卒でしょう。

大卒なら、人事バカよりももっと豊富な知識があるでしょうし、多くの選択肢があるはずです。

転職も良いですが、自分の城を持つというのも良いですよ。

 

人生では色々な経験を積むことになりますし、多くの挫折も味わうことになります。

これはどの道を進んだとしても同じことが言えるでしょう。

だったら、多くの選択肢を持ち好きな選択肢を選ぶことです。

 

人事バカ的には、どうせ努力するのなら最も成果が大きい選択肢を選び、努力したいですね。

 

[転職エージェントの知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ