なぜ公開求人と非公開求人があるのか

非公開求人

非公開というと、何かすごいものがあるんじゃないか!?

と、思ってしまいますよね。

確かに、それは正解でもあり不正解でもあるんです。

 

人事バカは、不動産屋を経営していますが、不動産の中にも非公開物件というのがあって、確かにそれはかなり価値の高いものとなっています。

しかし、巷の不動産屋がホームページなどで、会員限定の非公開物件!などとうたっている場合は、あまり価値のないものが多いですね。

それは、非公開物件と言いながら一般に出回っている物件がほとんどを占めるからです

 

不動産屋としては、一般に出回っている物件を非公開物件とすることで、会員登録してもらい顧客を増やしたいという狙いがあるのです。

でも、現状としては、そのほとんどが一般物件。

人事バカの経験上、非公開物件と言っている不動産屋の8割が一般の物件を非公開と言っていると思いますね。

残りの2割の会社は、本当に非公開を持っている会社もあります。

 

非公開求人もこれと少し似ていて、非公開求人と言っていても、そのすべてが本当に非公開かといえばそんなことはありません。

一般に出回っているものも中にはありますが、転職エージェントを通すことによってメリットも多くあるので、わざわざ一般求人サイトから応募する必要もないですね。

しかし、不動産と同じように中には本当の非公開求人も存在します。

 

では、なぜ転職エージェントは、非公開求人とするのか?

それには、大きく別けて3つの理由があります。

 

非公開求人にする理由

  1. 応募者の選別にかかるコストを削減する為
  2. 極秘プロジェクトの人員確保の為
  3. 転職エージェントの報酬形態による理由

 

応募者の選別にかかるコストを削減する為

小さな企業であれば求人を出したとしても数人から数十人のみの応募で済みますが、大手企業の場合は、求人を出せば数十人から数百人、多いところでは千人単位で応募が殺到することもあります。

それを人事部がすべて書類審査から面接までしていると、多くの人員と時間を割く事になってしまいますので、大きなコストがかかってきます。

 

そのコストを削減するために転職エージェントを使う企業が多いのです。

そして、転職エージェントとしては、求人を依頼されている企業の基準ラインに達している人材のみに応募資格を与える為に、求人情報をオープンにする前にどんな人材なのかを精査しています。

その為に非公開求人としているのです。

 

極秘プロジェクトの人員確保の為

次に、非公開とする理由として、ライバル企業などに求人を出しているということを知られたくない場合です。

極秘プロジェクトなど水面下で人員を確保して、進めて行きたいと考えている場合は、当然ながら非公開とした方が企業に取って都合が良いわけですね。

 

他にも、重要ポストに欠員が出た場合なども、求人企業は他社には知られたくない訳ですから、非公開としますし、リストラなどを行った企業は、堂々と一方でリストラ一方で求人など出来ないので、非公開としますね。

 

転職エージェントの報酬形態による理由

ここまで、コストの問題や、極秘プロジェクトなどが非公開とする理由とお話しして来ましたが、求人情報を非公開とする最も大きな理由が報酬です。

転職エージェントでは、転職者を企業へ紹介して入社すれば、企業から報酬が支払われます。

それが転職エージェントの利益となる訳です。

 

転職エージェントの報酬形態は2通りあり、

1つが月額固定で掲載費を支払う定額型

2つ目が先程もお話しした転職者を紹介して報酬を受け取る成功報酬型

 

登録、利用すべて完全無料の訳で詳しくお話ししていますので、参考にしてみて下さい。

求人には、公開求人と非公開求人がありますが、定額型が公開求人となり、成功報酬型が非公開求人となります。

基本的には、転職エージェントは、成功報酬を柱として運営していますので、非公開求人が必然的に多くなるのです。

 

では、なぜ非公開としないといけないのか。

それは、非公開としていないと、転職者が直接その企業へ応募してしまう可能性もあるからですね。

そうなった場合は、もちろん転職エージェントへ成功報酬は支払われることはありません。

そうならない為にも、非公開として扱い転職エージェントのキャリアコンサルタントを通してのみ応募出来るような仕組みにしているということです。

 

非公開求人の価値

ここまでで説明した様に、転職エージェントが非公開求人を扱う理由としては、報酬のためだったり、秘密裏に募集したい場合だったり、コスト面での理由です。

これは、企業側と転職エージェント側の望ましい形がマッチしているので、成り立っているといえるでしょう。

 

転職者としては、非公開であるが為に自由に求人情報を閲覧することが出来ないということはありますが、転職のサポートを無料でしてもらえ、キャリアコンサルタントによる企業とあなたのマッチングがありますから、入社してみて思っていた仕事と違ったという失敗は起こりづらいと言えます。

企業としては、一定ライン以上の人材が集まることが前提ですので、好待遇の求人を出すところも多くあります。

ですので、公開求人ではお目にかかれないような求人と出会える可能性も秘めているのが非公開求人となる訳です。

 

その為に、転職エージェントにおける非公開求人の価値は、かなり高いと言えますので、本気で転職活動をするのであれば転職エージェントには登録すべきですね。

 

では、次に転職エージェントは何社に登録をすれば良いのでしょうか?

転職エージェントの複数登録に付いて次のページでお話しして行きたいと思います。

 

矢印転職エージェントの複数登録はリスクヘッジ

[転職エージェントの知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ