あなたの情報が不足していると不採用率が高くなる

面接で不採用になる理由は、当然に面接を受けた企業へ質問をしても、応えてくれることはありません。

ですから二度と同じ失敗を繰り返さないように、自身で不採用になってしまった理由を把握し、対策を講じなければ、何度も同じことを繰り返してしまうことになります。

 

人事バカが思いつく不採用の理由。

いっぱいありますが、その一つが自身の情報不足が上げられます。

とにかくインターネットや転職ノウハウなどに掲載されていることばかりを、ただ暗記して披露するだけで、本当の自分の情報を開示しないままに面接を終えるというケース。

これは最も不採用にされやすいパターンです。

 

企業の面接官は、本当のあなたを知りたいと思っています。

それにも関わらず、どこのコンテンツにも掲載されているような、お手本のような模範解答しか返ってこないとなればどうでしょうか。

そんな受け答えでは、採用担当者もあなたのことを何の評価もしないで終わります。

 

本当の自分では勝負を出来ないくらいに、自信がないのか、問題があるのではないかと思ってしまうのは当然のことです。

ですから、自身の情報をしっかりと開示して、あなたという人柄を知ってもらったり、人生やキャリア、考え方などを理解してもらうのが重要になります。

あなたには芯があると自然に思ってもらうことが大切です。

 

話し方に注意をする

いくらあなたが自身の情報を面接官に伝えているつもりで面接をしていても、話し方がマズければ、それが正確に伝わっていないケースは少なくありません。

ですから、しっかりと面接の話し方をマスターすることが重要なのです。

 

面接用の話し方は、日本語ベースではなく、英語ベースでの話し方を意識すると良いとされています。

どういうことかというと、結論を先に持ってくるというしゃべり方です。

俗に言うPREP法ですね。

詳しくは、結論から話し出し結論で締めるライバルに差を付ける自己PR書などの記事を参考にしてみて下さい。

 

これは面接の場面のみならず、ビジネスの場でも有効になる話し方になりますから、しっかりと覚えておきましょう。

ですから、逆にこの話し方が出来ないと、実際の業務レベルも大したことがないのではと思われることが多く、不採用にされてしまうケースが高くなるのです。

 

とにかく分かりやすく、正確に簡潔に伝えることが重要と言えるでしょう。

 

コミュニケーション能力のアピールにもなる

自身をひた隠しにしていると思われれば、相手も当然に警戒心を持つことになります。

これは面接のみならず、人間関係そのもののベースになる法則と言えるでしょう。

 

ですから自分の情報を公開出来ないような方の場合、各企業が重要視するコミュニケーション能力が満たされていないと評価されることにも繋がるのです。

他人に分かりやすく、簡潔であり、尚且つ信頼されるような話を出来るかどうか。

信頼されるというところが特にポイントになります。

 

信頼出来る人材でない限り、クライアントはもちろん、同じ会社で働く人々と良い仕事を行っていくことは難しいと判断されるでしょう。

だからこそ、自己開示を行うことが重要なのです。

 

緊張しないこと

いくら自分がこういったことをアピールしたいと思っても、実際の面接の場で緊張をしてしまうと、頭が真っ白になり、まったく自己開示が出来ないことがあります。

 

こうなってしまうと、当然採用されることは難しくなることでしょう。

緊張をしないためには、事前準備出来る回答は紙に書き出しブラッシュアップでも言っているように、何度もシナリオを考えては作り直し、面接対策を行い何度も面接のリハーサルを繰り返すことが重要です。

 

そこに感情を込めて本番の面接で話せるようになれば、もしもそのシナリオが本当の自分の情報でなかったとしても、面接官には真実として伝わることになるでしょう。

もちろん嘘は行けませんが、ある程度の装飾は問題ないので、少し話しをしやすくすることいより、より真実味が出るのであればありですね。

 

また、多くの面接者が緊張しているはずですので、そこであなたが緊張をせずに受け答えができていれば、自己情報の開示もより多くできますし、コミュニケーション能力の高さもアピールすることができます。

 

自己情報開示の多さは採用の可能性を高める要因

自己情報の開示は、あなたの評価に直結しますので、あなたの情報が不足していればいるほどに不採用となる確率が高くなると言っても嘘ではないはずです。

冒頭でも言ったように、人事はあなたのことを知りたがっています。

その知りたいことをより多く開示できた方が、人事としてもあなたを採用とする明確な理由が増えますし、逆にあなたの情報が少なければ、評価のしようがありませんから、不採用となる可能性はそれだけ高くなるのです。

 

もちろん採用となる理由は、これだけではありませんが、この自己情報開示もひとつの理由です。

少しでも採用の可能性を高くできるのであれば、いかに自分のことを知ってもらえるのか、自分のことを伝えられるのかを考えるべきですね。

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ