常に企業目線が重要

どんなに優秀な人でも落ちる時は落ちるでもあるように、いくら優秀だと前職で評価を受け、高い報酬などをもらっていた人材だとしても、面接をした結果、お祈り(不採用)メールが届くことがあります。

なぜ周囲の評価は良いのにも関わらず、こういったことが起こってしまうのでしょうか。

ただ単純に、面接官の見る目がなかっただけという結論をつけてしまうのは間違いなのです。

 

いくら前職で高い評価を受けていようと、自分自身に誇れる実績や資格、活用できる知識があるという自負があったとしましょう。

しかしそれでも、その転職希望先が求めている人材とマッチングしていなければ、不採用にされる確率は非常に高くなってしまいます。

 

あなた自身の評価や、以前に勤めていた企業からの評価は、はっきり言って役に立ちません。

転職を希望している企業の目線に立って物を考えない限り、面接を受けても、相手が求めている人材とは思われず、あなたは不採用になってしまうことでしょう。

 

人柄をアピールする

面接時にアピールするべき最重要ポイントの中に、人柄があります。

いくら実績が高くても、協調性がなく、人間性に問題がある場合、多くの職場で必要となるチームワークを乱す結果になるのは、目に見えて分かるもの。

ですから自身の人柄の良さをアピールするのは、非常に大事なことなのです。

 

その上で、自身の人柄が、希望している転職先が目指している方向性や、ベースになっている考えなどとマッチング出来ているのかどうかを示すことも、非常に重要なポイントになってきます。

人柄とは少し離れますが極端な話、Aさんは頭脳明晰だがコミュニケーションが苦手、Bさんは学歴はそこそこだがコミュニケーションを取るのが得意。

C社はコンサルティング会社で、多くの企業担当者とのやり取りが多く、その窓口となる担当者を募集していた。

このような場合は、C社は、どれだけ優秀な頭脳を持っていたとしてもAさんではなく、Bさんを採るでしょう。

 

逆に、D社はコツコツと1人で研究を行ってもらえる優秀な頭脳を有した人材を探していたとすると、当然にAさんが採用されることになります。

いかに自分がその企業とマッチしているのかが、採用には重要となってくるということです。

 

企業カラーというものは、コーポレートフィロソフィーに基いているものですから、基本的にはこの点をしっかりとチェックして面接に臨み、人柄をアピールすべきでしょう。

 

やる気を見せること

そもそも企業が欲しい人材とはどういう人材でしょうか。

各企業ごとにカラーがあり、それはコーポレートフィロソフィーがベースになっていると言いましたが、どの企業でも共通して欲する人材は、一つなのです。

 

それは自社にとって、多くの利益をもたらしてくれる人材です。

一生懸命に働き、頭をひねってアイデアを出す。

他にも周囲の人材を上手に使い、最大の成果を上げたり、企業にとって更に利益を上げてくれるような人材を発掘したり、教育・指導したりする。

 

人が結果を出すためには、とにかくやる気が必要ではないでしょうか。

だからこそ、最初からやる気が感じられない人材は不採用になるのです。

これ当然ですよね。

 

面接時には、その企業でどうしても働きたいという情熱や、採用された際には、どんどん仕事をこなし、会社に利益をもたらしてみせるというようなやる気を感じさせることが重要になります。

やる気は志望動機や、転職理由といったものの質問の中で、上手に表現をしていきましょう。

 

逆質問はチャンス

企業目線で物を考えた場合、その企業の歴史や、実際に行っている事業。

以前は行っていたけれど現在は行っていない事業などが把握出来ることでしょう。

 

こういったものを見つけた時、あなたは疑問を感じることになると思います。

例えば企業によっては、絶対に入り込めないというような超大手一社が独占状態になっている事業に新規参入した歴史を持っている所もあるでしょう。

逆に好調だった事業から撤退したという歴史を持っている企業も存在します。

 

ここには「なぜ?」という疑問が生まれて当然ですね。

こういったものを面接時によくある「何か質問はありますか?」という質問の際に出すことによって、他人との差別化が図れる上、転職希望先のことをしっかりとリサーチしているという関心を生む質問をすることが出来るのです。

他にも最後の質問に関しては、こちらの面接での最後の質問「何か質問はありますか?」で面接官の心を掴むでお話しをしていますので、ご参考にどうぞ。

 

転職希望先のことを理解したい。

または高い興味や関心がある。

ひいては愛情すら感じるという風に受け取られれば、実績云々以前に高い評価を受けられるポイントになるのです。

このように、もし自分がその企業の採用担当者であった場合、どんな人材が欲しいのか?

これをよく考え、企業の目線になって転職活動を進めてみて下さいね。

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ