どんな人材でも不採用となることは必ずある

他人から見て、どんなに素晴らしいと思える学歴や職歴を有している人材でも、残念ながら不採用とされるケースは少なくありません。

こういったことが起こってしまうのには、いくつかの理由があるのですが、基本的には、企業が求める人材像とマッチングしていないからと言わざるを得ないのです。

 

誰もが憧れる大学を卒業し、その後、素晴らしいと思える職歴を持ち、高い知識とスキルを有していても、転職を希望している企業が欲しいと思えるような人材でなければ不採用になるのは当然でしょう。

前提として覚えて欲しいことは、あなた自身も転職希望先を探す時、その企業とのマッチングを重要視するように、企業側も人材が自社に対してマッチしているのかを非常に気にしているということを忘れてはいけません。

 

関わりのある経歴なのかどうか

例えば、CGなどのクリエイティブ職に必要なスキルや知識を高く有しており、それまでの職歴も輝かしいといった人材がいるとして、営業職を希望して応募してきた場合は、企業はどのように思うでしょうか。

関連するような商品を扱っている企業ならばまだしも、まったく関わりがない業界の企業であれば、いくら輝かしい職歴でも、それを活かすことが出来ないため、採用しても勿体無いと思うもの。

 

つまり、自身の経歴に関して、少しでも関わりのある企業だったり、前職までの経歴を活かすことが出来るジャンルの企業を選択しないと、せっかくのスキルや知識も宝の持ち腐れと判断されるのです。

 

企業側もそれらのスキルや知識を活かす事が出来ないため、申し訳ないという気持ちを持つことでしょう。

それにプラスして、キャリアに応じた給与を出すことや、仕事に対してきっと不満を感じて、すぐに離職をしてしまうのではという懸念を持つことも多いのです。

 

だからこそ、自身のこれまでの経歴とまったく関わりのない未知の分野での転職の場合には、専門業界では高いスキルと評価されたとしても、不採用にされるという状況になります。

 

常識を持っているのかどうか

他にも、職務のスキルが高い場合でも、常識の欠如が見られたりといった人材は、採用されることはないでしょう。

面接などで実際にあった話を、ネット上で笑い話のように紹介しているコンテンツなどもありますが、社会人としてあり得ないものが多いです。

 

いくら学歴が高く、職歴も素晴らしく、企業が求める能力を満たしていても、写真なしの履歴書を平気で送ってきたり、面接中に携帯電話に出る。

経歴書などに誤字脱字(変換ミス)が多い。

あまりに自己中心的な印象を受けるといった人材である場合には、採用されることはないのです。

 

他にも人の話を明らかに聞いていないといったような態度。

服用や髪型などが自由すぎるといったものだと社会人としての常識の欠如や、人間性への疑念、更にコミュニケーション能力の欠落といったことが予測されますから、不採用にされるケースが高くなります。

 

企業カラーなどをチェックすべき

自身のキャリアに自信があるから、どこの企業からも採用されるだろうと、まったく転職希望先企業の情報をリサーチせずに転職活動を行なってしまうと、それは失敗に終わる可能性が高くなります。

 

スキルや知識といった能力面が高ければ、確かに企業に利益をもたらしてくれる可能性は高いでしょう。

しかし、そのプロセスも重要視されることになるのです。

 

例えば営業などでも、とにかくメリットばかりをアピールし、考えられるデメリットの説明などをまったくせず、商品やサービスを多く売ったとしましょう。

確かにそこでは多くの利益が出てきます。

しかしながら、後々に不満が出てくるのは当然ですし、結果として企業イメージを著しく低下させてしまうことにも繋がるのです。

 

これは極端な例ですが、自社が抱かれたい企業イメージと違っているような人材である場合、いくら能力があっても不採用という決断が下されます。

 

認識や意識を変えることでリラックス

あなたがどんなに高学歴で好職歴を持っていようが、不採用となることは当然にあります。

そして、不採用になるには理由がそこには存在します。

その理由が解消されない限り、あなたが本当に希望する企業への転職は厳しいかもしれません。

 

しかし、不採用になることに対して恐怖心や不安感を持つ方は多いと思いますが、不採用になること自体は決してマイナスなことではありません。

なぜなら、前述したように不採用になるには理由があるからです。

その理由さえ分かれば、それを是正することによって採用率は高まりますし、あなた自身の成長にも繋がります。

 

不採用=マイナスと捉えずに、不採用になった時こそ自分を成長させる時という意識を持って転職活動に挑んでみて下さい。

また、面接は落ちることが当たり前でも言っていますが、誰でも不採用はあり得るという認識をしているだけでリラックスして面接を受けることもできますよ。

認識や意識を変えるだけで、転職活動であなたにかかるストレスやプレッシャーは、軽減することは可能です。

 

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ