転職者からの質問で印象は大きく変わる

面接時には、必ず「何か質問はありますか?」といった転職者への逆質問の機会が与えられるものです。

要は最後の質問ですね。

この時、「特に何も…」というような何も質問をしないことは、印象が悪くなりますので避けるべきでしょう。

 

ですから逆質問を促された時の為に、転職希望先企業への質問を用意しておくことは面接対策の必須事項と言えます。

しかし、どんな質問でも良いというわけではなく、見当外れな質問をしてしまうと逆に悪い印象を抱かせてしまうだけになりますから注意が必要です。

 

見当外れとは、転職希望先企業のホームページなどをチェックしておけば、普通に理解出来るような内容や、募集要項に書かれているもの。

ニュースソースなどをチェックすれば、答えが分かるようなもの。

こんな質問をしてしまうと、準備が甘いと思われたり、そこまで自社に興味を持てていないと感じられてしまいます。

 

それではどういった逆質問が好印象を与え、効果的なのかを紹介していきましょう。

 

モチベーションの高さを伝達する質問

好印象を与える逆質問の中でも、スタンダードなものといえば、やる気やモチベーションの高さを採用側に感じさせる類の逆質問です。

例えば、入社前までに覚えておくべきことや、習得しておくべきことがありますかといったようなもの。

 

他にも、志望している部署が○○なのですが、具体的な仕事について教えてくださいといったものです。

こういった質問をすれば、既に入社した後の上司と部下のやり取りのようなイメージが持たれますから、印象はぐっと良くなります。

 

採用側にあなたが入職した後のイメージを感じさせることが出来れば、好印象を残すことが可能になります。

そのためにも、自身が実際に転職希望先に入社した後のことを考えて、質問を考えるようにしましょう。

 

こういった質問は、入社することがゴールではなく、その先を見据え、早く会社の役に立ちたいというモチベーションの高さを示すことが出来るのです。

 

質問で自分の長所をアピール

面接時には、如何に転職希望者であるあなたが、採用側の企業にプラスになる人材であるかをアピールする必要があります。

自分をアピール出来る瞬間は、自己PRや志望動機を聞かれた時くらいと思いがちですが、人事へスペックの高さを示せるのは面接が最初で最後でも話しているように、実は最後に与えられる逆質問の機会でも、長所やスペックをアピールすることが可能です。

 

例えば、漠然と配属先の雰囲気はどのようなものか教えてくださいというのではなく、その前に「誰とでも打ち解けられる自信がありますが」という一言を加えるのです。

このように聞きたいことの前に、自分のスペックや長所を挿れてから質問をすることで、採用側に長所やスペックを効果的に伝達することが可能になります。

 

プラスする要素としては、自分の性格面での長所や、コミュニケーション能力についてのこと。

他にも取得している各資格やこれまでに積んできたキャリアなどが使えます。

 

質問の場だから自分のアピールが出来ないと堅苦しく思わず、限られた時間の中で、少しでも自分の良い部分を知ってもらいたいと考えるのが面接の基本です。

 

面接の中で疑問に思ったことを質問する

面接は転職者と面接官の会話で成り立ちます。

その会話の中で疑問に思ったことや、聞いてみたいと感じたことを最後の質問で逆質問してみても良いでしょう。

面接中にしか思い浮かばないような質問の場合は、良く観察できていると好印象を持たれることもあります。

 

このように、事前に用意していた質問と、その場でしか出てこないような質問では、質問の質が変わってきます。

臨機応変に最後の質問は入替えて挑戦してみるのも良いですね。

 

見当外れの質問について

「何か聞きたいことはありますか?」という質問に付いては、好印象を与えるために質問をするのが当然ですが、冒頭で話したように見当外れの質問をしてしまってはプラスには評価されません。

  • 自分で調べれば分かるであろうこと。
  • 既に聞いている内容。

これらを質問にしてしまうと、希望している企業のことも調べていない人材、人の話を聞いていない人材と印象付けてしまいます。

 

どうしても、こういった質問をする場合には、下記のような一言付け加えるようにしましょう。

「先ほど○○という説明を受けたのですが」や、「以前にホームページで○○と書かれていたのですが」といった一言です。

説明を受けたが・・内容は知っているが・・さらに突っ込んで聞きたいとするのです。

 

無理な質問は避ける

しかし、何も質問が浮かばなかったのに無理やり質問を作るのは止めるべきでしょう。

これまで何度も人事バカが言っていますが、人事・面接官は、多くの転職者と接していますので、その質問が無理やり作られたものなのか、そうでないのかは見抜かれてしまいます。

無理に質問をするくらいなら、「いえ、すべて今までの説明でクリアになりましたので質問はありません。益々御社で働きたいという意欲が出てきております。」などと言っておけば大丈夫です。

 

自分では、質問が思いつかないという方も多いと思いますので、面接での最後の質問「何か質問はありますか?」で面接官の心を掴むで更に具体的な質問を例として出していますので、参考にどうぞ。

 

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ