人事が会いたくなる職務経歴書

大手企業への転職を希望している方ならば特に、履歴書と同時に職務経歴書の作成は、的確に行っておきたいところです。

職務経歴書が魅力的に作成できていれば、希望先企業の人事担当者も、あなたと実際に会ってみたいという気持ちになってくれるでしょう。

 

自分が経験してきた職歴をただ時系列に箇条形式で記述をしても、人事担当者にとってはまったく魅力を感じない職務経歴書になると言わざるを得ません。

職務経歴書は、希望している企業別に作成方法が違うというくらいに、気を使わなければならないものなのです。

 

企業ニーズをしっかりと理解した上で、職務経歴書の作成をすること。

まずはこれを第一のポイントとしてしっかりと考慮しておき、その上で職務経歴書の作成を行っていきましょう。

 

記述方法が複数あることを覚えておく

職務経歴書の書き方なんて、一緒だと思っている方は多いと思います。

しかし、大きく分けて、職務経歴書の記述方法には、編年体形式とキャリア形式という2つの記述方法が存在します。

 

時系列にその時期時期の業務内容をまとめていく方法が編年体形式と呼ばれるもので、この方法を使うと自分が行ってきた職務についての成長を効果的に人事担当者に伝達することが可能です。

人事が会いたくなる職務経歴書の作成ポイントの一つには、自身の成長を描くように記述することというコツがあります。

つまりこれを実現するための方法としてベターな方法なのです。

 

もう一つのキャリア形式という方法ですが、一つの業界で長くキャリアを積んできた方にはお勧めの方法になります。

転職回数などが多い方にもお勧めですが、業務内容やプロジェクトごとにまとめていく記述方法です。

エンジニア職など専門性の高い職種で、その手の業界で会社を変えても、同じような職種に転職をしてきた方にはお勧めでしょう。

 

希望先が求める能力を満たしているかどうか

ここでは新卒者向けではなく、あくまでも転職希望者向けのポイントを紹介していますから、やはりスキルや獲得している資格、知識といった実務能力に関わることを職務経歴書に表現するのは、非常に重要です。

 

それぞれの転職希望先では、求人案件に応募条件や、歓迎するスキルや資格、経験といったものが記述されていることが多いでしょう。

そういったものを参考にして、その条件を満たしている人材だということを、職務経歴書で表現するべきなのです。

 

そこで実際に会いたいと思わせるためには、出されている応募条件を満たしているであろう職務経験の項目の見出しや要約に工夫をして、目立たせることこそが重要になります。

こういった細かな気遣いをすることで、ただダラダラと職務経験を記述している職務経歴書とは差別化を図ることが出来るのです。

 

職種ごとの抑えるべきポイントを把握しておく

前述では希望企業ごとのポイントですが、職種ごとにアピールすべきポイントも確かに存在しています。

例えば、企画職という職種の場合、企画力の高さとマーケティング能力。

更にはそれらの実績を職務経歴書に表現すべきでしょう。

 

営業職の場合には、どのような所をアピールすべきかと言えば、第一にアピールすべきは、自身のヒューマンスキルです。

更にはそれまでの具体的な実績もアピールしたい所でしょう。

実績などは、基本的に数字や成果物を使い、具体的に示すことが重要です。

 

このように職種によって、第一にアピールすべきポイントは違ってきます。

より自社に欲しいと思える経験をしていないと、会いたいとは思ってくれません。

 

転職希望先の企業カラーを把握することと、それぞれの職種別に重要視されるアピールポイントを押さえた上で、職務経歴書の作成を行っていきましょう。

これらを実現させるためには、求人要項をしっかりと読み込むこと。

そして、それぞれの企業の詳細な情報を集めることこそが、最優先で行うことといえるでしょう。

 

下記の記事も職務経歴書を作成する上で役立ちますので、参考にしてみて下さいね。

 

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ