面接に備える

転職活動の中で重要とされているのは、やはり面接対策でしょう。

提出書類で採用側の目を惹くことも大事ですが、書類審査に通過出来ても、その後に待っている面接にまったくの備え無しの状態で挑むのは危険すぎます。

 

書類審査にあまりに力を入れすぎてしまった場合、面接でも書類の内容に沿ったものを答えればいいというくらいの軽い対処方法しか考えない方もいますが、基本的に面接対策と書類作成は別に考えましょう。

 

基本的に転職エージェントを利用すれば、面接対策などを講じてくれるため、十分に面接に備えることは可能です。

キャリアコンサルタントという第三者が模擬面接を行ってくれたり、受け答えの面でダメな部分をしっかり指摘してくれたり、その代替案を提供してくれるので、随分と重宝出来るツールと言えます。

 

企業が求めている人材像を把握しておく

面接に備えるために第一にすべきことは、基本的には各企業別に違っているそれぞれに求める人材像を把握しておくことです。

誰でもいいという考えがあるのであれば、そもそも説明会を行ったり、書類審査や数度の面接も行う必要がありません。

 

説明会を行うのは、自社を知ってもらうためもありますが、企業カラーと同時に求める人材や、マッチングしている人材像をアピールする場でもあります。

また、インターネット上でもホームページ内のリクルートコンテンツなどで、しっかりと企業情報を提供しています。

少なからず、これらの情報は最低限の情報としてチェックをしておき、説明会などが開かれる場合には確実に参加をして、その企業が求めている人材像などの情報収集を行いましょう。

 

それに加えて、転職エージェントが独自に取得しているレアな企業情報などを収集しておくことが重要になります。

キャリアコンサルタントは、何年間も付き合いがある人事担当者や、企業内の役員などとも面識があることが多く、個人的な人材の好みや今回応募をする主旨などを詳細に理解していたりもしますので、そういった情報を手に入れることです。

 

自己分析は正確に行うこと

希望している企業の情報を取得したら、今度は自己分析を徹底的に行いましょう。

転職希望者の場合、現在の立場が学生であるという状況は少ないでしょうから、社会人経験や、実際にその職種の実務経験がある方などでは、企業の見る視点が違ってきます。

 

学生の場合は、今まで行ってきた活動や学歴を元に判断されることになりますが、転職者の場合は、社会経験や職歴がありますから、それを主に見られることになるのです。

それらを通して何を学び、何を得て、これからどうなろうとしているのか。

このように、経験そのものでなく、それに付随するものがとても重要になってきます。

それには、自分を良く理解していることはとても大切ですね。

ですから、自己分析は必須と言えるでしょう。

 

例えば、自身のこれまでの人生を総括して、強みと思えるものと、逆に弱味と思える部分をしっかりと認識しておくことが大事です。

弱味などありませんという人間は、人間性を疑われます。

弱味も含めそれをどのようにして企業の利益に還元出来る人材なのかを、アピールしていくことが重要なのです。

 

これも転職エージェントなどの第三者的な意見を利用することで、正確な自己分析が可能になります。

自身だけで行ってしまうと、どうしても自分を贔屓目に見たくなってしまうからです。

キャリアコンサルタントは、これまでのキャリア、学歴、実際にコミュニケーションを取って感じた人間性などを含め、あなたの市場価値を冷静に分析してくれるでしょう。

そう、【自己分析】あなたが見た自分と他人が見た自分は違うや、社内価値だけで転職の判断をすることの危険性で言っているように、自分自身での評価や身近な人たちの評価は、市場での評価とは全く違うのです。

当然に面接を行う人事も市場価値としてあなたを評価しますから、あくまでも客観的に自己分析をしてもらえる第三者的な存在が重要になります。

 

必要最低限に行うべきこと

最後に当たり前でありながら、見落としがちなことに関して少し述べて終わりたいと思います。

前述までにあるように、各企業それぞれのカラーに合わせた人材像を把握したり、自身の市場価値を判断することに集中をすると、どうしても基本的なことを忘れてしまう方が出てくるものです。

それは見た目です。

面接の質問への受け答え内容ばかりに気を取られ、見た目の気配りを忘れてしまう。

 

これではせっかく行ってきた面接対策も、水の泡となってしまう可能性が高いですね。

面接では第一印象が重要でもお伝えしているように、第一印象は、面接にとって非常に重要なポイント。

私は内面で勝負したいと言われる方もいますが、外見で判断しないというが判断材料にはなっているのは当然のことです。

身だしなみを整えることはもちろんですが、姿勢や目線についても、注意が必要です。

こちらのちょっとした事で身だしなみを想像以上に良くする方法を参考にしていただければと思います。

 

特に面接官が男性ばかりというケースは少なくありませんし、男性の特徴として、視覚から獲得した情報を重要視する傾向がありますから、見た目に気を配ることは、必要最低限に気をつけるポイントになります。

そして、声の大きさや聞き取りやすい発音も大事ですね。

内容がいくら良くても、見た目と声が悪ければ、内容が頭に入ってき辛く、視覚と聴覚の印象だけで不採用とされる可能性も高くなるのです。

 

それぞれの状況に合わせた備え

面接に備えると一言でいっても多種多様です。

ひとつに拘わり過ぎて偏った対策をしても何の意味もありませんので、総合的に点数が良くなるように備えて下さい。

時間がない、自分ではどうすれば良いのかが分からない、といった場合には、転職エージェントなどの支援サービスを利用するのは賢いやり方でしょう。

 

これらの事には、これが答えというものは存在しません。

それぞれ自分に合った対策や備えをすれば問題ないと思います。

どのような選択をして、どのような備えをするのかも言わば転職活動なのですから。

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ