権利の主張ばかりしていると採用されない

面接の終盤に「何か質問がありますか?」という質問は、必ずと言っていいほど出てきますね。

こういった際に、ここぞとばかりに給与の条件や、査定基準についてのこと。

他にも、休日の消化率や、サービス残業の有無といったことを質問する方がいますが、それは非常に危険と言わざるを得ません。

 

近年では、有名企業であっても、その内情がブラック企業だったなんてことも珍しくないので、待遇面や内情について様々な疑問を持つことは仕方のないことです。

しかし、面接の場でそれらのことを根掘り葉掘りと質問するのは、権利主張が激しい方として認識され、企業側はあまり良い印象を持たないもの。

 

入職した後も、様々な社内のルールなどに難癖をつけたり、社員の輪を乱したりするような人材と受け取られかねません。

転職希望先について知りたいことがあるのであれば、直接面接の場で質問をするのではなく、やり方があるものなのです。

ちなみに、前述した最後の質問に付いては、面接での最後の質問「何か質問はありますか?」で面接官の心を掴むで詳しくお話しをしていますので、こちらを参考にして下さいね。

 

主張をするためにはタイミングが大事

どんな業界でも職種でも、権利が主張出来る人材というのは、限られています。

それは、当然に所属している企業に大きな利益をもたらしたという実績がある人材です。

 

普通に働き、並み程度の利益しか出せていない人材が権利を主張するのは、おかしな話でしょう。

また、自身の実績が上がっても、企業全体の売上が上がっていない状況ではどうでしょうか。

つまり、権利主張をするためには、ベストなタイミングがあり、それを見計らって行わないと、会社側からしてみると厄介なお荷物と判断されることになるのです。

 

前職での実績がどれほどにあろうと、あなたはまだ転職希望者。

まだ、その企業に入職し実際に仕事をして、利益も実績も出しているわけではないのです。

だからこそ、面接の場で権利を主張するというのは、お門違いになります。

 

質問を直接しなくても…

上記のように面接の際に、転職希望先へ条件面などの質問をする。

これはマズイということは、しっかりと把握していて、注意をしていたとしても、気をつけて欲しいことがあります。

それは、転職理由などの受け答えについてです。

 

ここで前職の企業の待遇面での不平や不満を漏らす。

前に所属していた会社とあなたの会社は違うという前提でそういった話をしているのでしょうが、転職活動に入る前に考えるべき転職理由でお話ししているように、残念ながらそのようには受け止めてくれません。

 

いくら前職の企業への不満であろうと、待遇面や自身の権利が守られていなかったという理由で転職を希望したとなれば、自身の企業に入職してからも、様々な不満を持たれそうだと思うのは当然ではないでしょうか。

 

現在の世の中は、男性も女性も育児休暇制度を当たり前に取得出来るべきという世論や、出産後の職場復帰などは当たり前。

ちょっとでも待遇に不満があれば、インターネットでブラックだと声高に叫び叩く風潮があります。

このようなことを当たり前にしそうな人材を入職させる企業は、ほとんどないと言ってよいでしょう。

 

待遇面などを確認したいなら…

休日の消化率や残業時間の多さ、福利厚生の充実度や昇給条件の明確性などなど。

こういったものは転職活動をする際に気になる所でしょう。

しかしながら、前述にある通り、権利主張や条件面の確認を直接するには、注意が必要であり、タイミングも図る必要があります。

 

どうしてもこういったものを内定前に知りたいのであれば、転職エージェントに登録をして、確認をしてみるのが一番賢い方法です。

実際に、あなたが希望している企業へと、以前に転職サポートをして入職されている方も沢山いることでしょう。

 

こういった転職エージェントなら、実際に給与面などの待遇面の条件は、しっかりと書類で明記し、それが残っているはずですから、リアルな情報が手に入るはずです。

他にも近年では、現職の従業員が年収や待遇面などの情報を公開している転職エージェントも存在していますから、利用価値は高いと言えますね。

 

内定後であれば、内定後の条件交渉では転職者が主導権を握るでも言っているように、条件を確認することはもちろん、交渉をすることもできます。

この記事で言っているのは、立場が弱い面接時や内定をいただく前にこういった権利主張ばかりしていると不利になるということです。

内定後は立場が変わりますし、企業側としてもあなたに入社して欲しいと思っている訳ですから、交渉もある程度は乗ってもらえるでしょう。

 

権利主張をすることはダメなのでなく、タイミングや時期が重要だということですね。

 

[面接対策]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ