転職活動のスケジュール【6つのステップ】

転職は、その場その場で物事の判断をして行ってしまうと、取り返しの付かない事にもなりかねません。

ですから、転職活動として一番最初にやるべき事は、スケジュールを立てて計画的に転職を進め、方向性を確りと持つようにするという事です。

スケジュールと共に計画書を作成するのも良いですね。

 

転職計画書があれば、方向がずれた場合や壁にぶち当たった場合でも、それを修正する事により対処をする事が可能になります。

では、転職活動の基本的な流れとなるスケジュールを見て行きましょう。

 

大きく別けて6つのステップからなります。

転職スケジュール

それでは、ひとつづつ詳しくお話しをして行きましょう。

 

ファーストステップ

取っ掛かりとして行う行動は、考える事です。

今まで経験をして来た業務や、培って来た技術、仕事で得て来た知識などを振り返り、あなたの得意とするものは何なのか、あなたの売りは何なのか、を明確化します。

また、なぜ転職をするのか、何の為に転職をするのか、転職をする必要はあるのかなどを考え、転職をする目的を明確化します。

次に、上記の得意分野や売りを活用出来る企業や、キャリアを活かせる企業、転職する目的を達成させる事ができる企業は、どの様な企業なのかを具体化して行き、転職の方向性を決めて行きましょう。

 

方向性が決まれば、条件面のラインを詳細に決めて行きます。

職種、給与、休暇、福利厚生、支援制度、などなど。

 

このファーストステップは、転職においてすべての方向性を決める重要なステップなので、怠らない様に注意して下さい。

ここが間違っていたり、行わなかった場合は、転職に失敗してしまうなど、大きな代償を払うことになりかねません。

ファーストステップの最後に、本当に転職をするのか再認識して次のステップへ

 

セカンドステップ

次の行動として、収集する事です。

この段階でようやく具体的な行動を起こすことになります。

 

  • 求人サイトを閲覧する。
  • 転職エージェントに登録する。
  • 企業のサイトの求人情報を閲覧する。
  • 人脈を使い求人情報を収集する。

 

この様に、まずは求人情報の収集に力を注ぎます。

実際の求人情報と、あなたが描いていた求人情報とで、条件面においてのギャップがある場合は、この時点で修正する必要があります。

理想を描き過ぎている場合は、この時点でのギャップが大きい傾向にありますので注意しましょう。

 

転職エージェントに登録した場合は、キャリコンサルタントに転職の目的や方向性から条件までを伝え求人紹介を受けることになります。

また、この時点で興味のある企業のリサーチを行う様にしましょう。

企業を知る事は、入社後に後悔しないようにする為もありますが、面接対策にも役立ちますので必ず行うようにして下さい。

企業リサーチは入社前後のギャップを埋めるでも詳しくお話しをしていますので、参考にどうぞ。

 

サードステップ

次に、応募準備に入ります。

履歴書や職務経歴書など、書類選考に備えます。

 

ここで注意してもらいたいのが履歴書や職務経歴書は、読んでもらえる履歴書と気の利く職務経歴書の書き方でも言っているように、応募する企業に合った物を作成することです。

中々書類選考に通らない方の多くが、どの企業でも同じ書類を送っているという特徴があります。

同業種の企業であっても、考え方や求めている人材に差はありますから、履歴書や職務経歴書で何を全面に打ち出しアピールすべき事なのかは変わって来るのです。

 

ここで、セカンドステップで行った企業リサーチが役立って来ます。

リサーチした結果で、その企業がどの様な人材を求めているのかが分かっているのであれば、その理想像に合わせて書類を作成して行きます。

転職エージェントに登録している場合は、キャリコンサルタントのアドバイスや添削を受けて作成しても良いでしょう。

 

同時に、面接に備えます。

面接の時点では、書類選考を通過している状態ですので、企業が定める一定ラインを越えている人材という事になります。

ですので面接は、あなた自身の人柄や情熱、その企業で働きたいという強い意思などから、協調性や、理解力、伝達力などのコミュニケーション能力が備わっているのか、本当に実力があるのかどうかを見られる事になります。

 

自己アピール方法や、質問に対してどう答えるのかなどロープレで練習しておく必要が出て来るでしょう。

転職エージェントを使っている方は、キャリコンサルタントにその練習を手伝ってもらいます。

 

フォースステップ

次に、企業への応募など実際にアプローチをかけて行く事になります。

個人で転職活動を行っている場合は、求人サイトや企業ホームページからのエントリーを行い、転職エージェントなどを使っている場合は、キャリコンサルタントへ応募の意思を伝える事になります。

書類選考に通過した場合は、面接へと移って行きます。

 

フィフスステップ

入社準備に入ります。

内定後は、その内定を承諾するのかどうか決定しますが、併願している場合がほとんどだと思いますので、第一希望の企業から返事が来ていない場合は返事の猶予をもらいましょう。

猶予期間は一般的に1週間から2週間が限度でしょう。

 

同時に家族と話し合いどの企業へ入社するのかを決定します。

内定承諾書がある場合は、提出します。

 

この時点から、後戻りは出来なくなりますので確りと覚悟を決めてから返事を出すようにしましょう。

後々のトラブルにならない様に、雇用契約書には必ず目を通し詳細に内容確認をするようにして下さい。

この時に納得ができない部分や変更して欲しい部分がある場合は、契約を交わす前に交渉することになります。

 

また、事前に退職意思を伝え、退職願いを出し円満退社を心がけます。

送別会などがある場合は、必ず参加し今後もお付き合いをすることを明確に伝えましょう。

将来的には、前職の社員も人脈として活きてくる可能性は高いですからね。

 

有給休暇がある場合は、次の仕事までにその期間を使いリフレッシュするのも大切です。

健康保険や、年金などの手続きはこの期間に行っておきましょう。

 

ファイナルステップ

最後は、入社です。

転職の成功は、入社したから成功ではありません。

転職の成功と失敗【成功する人と失敗する人の違い】でもお話しした様に、本当の成功とは、転職後に苦労をしながらでも満足に思うような仕事が出来て、転職をした目的に少しでも近づく事が叶い、長期的に働き続ける事が出来ることを言うのだと思います。

 

転職が出来たことに浮足立っている暇はありません。

会社の雰囲気に馴染み、仕事に慣れ、人間関係が上手く行くように努力をする必要があるでしょう。

転職は、入社後からが本当のスタートです。

 

以上が、転職の流れである一般的なスケジュールとなります。

 

流れが理解出来たところで、次は、職種や業種、企業規模の選択など、転職の方向性を決めて行きましょう。

 

矢印転職の方向性

[転職準備]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ