外資系企業への転職で注意すべき点は?

外資系企業へと転職をしたいと思う方は、多くいらっしゃいますね。

単純に日本法人よりも高額な給与を貰うことが出来るだとか、煩わしい人間関係がない。

他にも、完全実力主義で仕事で結果を出せば、それをしっかりと評価してもらうことが出来るといったイメージを持っているものです。

 

しかしながら、想像と現実とでは、まったく違っていることも、しっかりと把握しておかなければならないことと言えるでしょう。

外資系と一口で言っても、その本社がアメリカなのかイギリスなのか、はたまた中国や韓国なのかといった、どこの国の企業であるかによって企業体質などはまるで違ってきます。

 

特に注意をして欲しいのは、アメリカに本社を置いている企業で、アメリカの企業の多くは、超短期間での利益アップを求めている傾向が高く、市場の動きや世の中の流れ次第では、即参入、即時撤退ということを繰り返していることが多いため、転職出来たとしても、あっさりとクビを切られるといったことも少なくないのです。

このような早い流れに対応力が高い人材が、外資系企業に向いている人材ということを、前提として覚えておきましょう。

 

外資系で求められる語学力の条件

外資系企業の求人を見てみると、TOEICスコア○○点以上だとか、日常会話レベル、ビジネスレベルの語学力必須なんて文字が踊っています。

それぞれの語学力条件がありますが、外資系企業で一般的にやっていけるというレベルは、TOEICスコアで800点以上とされています。

 

外資系だから社内でも英語が公用語であるという企業は、意外と少ないもの。

外資系企業がなぜ日本人の正社員を欲するのかは、仕事が出来る云々以前に、日本企業文化を把握したいということや、法人企業に独占されている市場開拓をしたいという意図を持っていることが多いのです。

 

語学力があることに越したことはありませんし、業界によっては、語学力が低いとやっていけないものもありますが、英語力はプラスだが英語だけでは生き残れない現実でも言っているように、結局は募集職種の実力が左右することが多いと言えるでしょう。

語学力に不安があるからと諦めず、職種のスキルに自信があるなら、積極的に応募をしてみるべきです。

 

外資系転職の履歴書

一般的な法人企業へと転職を希望する場合、履歴書の提出は必須条件です。

それでは外資系企業への転職の場合には、どういった履歴書作成の注意点があるのでしょうか。

 

それぞれの企業によっても履歴書を作成する際の言語は違いますが、大抵の場合、英語での記述になることがほとんどでしょう。

ですから、英語力の中でも、英語での文書作成能力が必要になってきます。

 

気になる履歴書の内容ですが、前職であげてきた実績や人間関係、就いていた役職や持っているスキルは絶対に記述すべきです。

更に外資系で重視されるのは、自分をアピールする自己PR力です。

そして、転職回数が多いと不利になるでもお伝えしたことがありますが、日本では敬遠されがちな転職回数が多い転職者でも、外資系企業の場合は受け入れてもらいやすいと言えます。

 

日本人特有の遠慮や謙虚さなどの要素は、自信のなさと受け取られるケースも少なくありませんから、自分の行ってきた仕事人としての実力を信じ、きっちりと表現していきましょう。

 

外資系企業の面接対策

近年では法人企業でも同じような傾向が見られますが、外資系企業は特にコミュニケーション能力を重要視します。

面接は英語で行われることが多く、面接の際には、語学力も同時にチェックされることが多いです。

無理にアピールする必要はありませんが、あまりに引っ込み思案だと語学力もコミュニケーション能力も低いと判断されることになるため、注意しましょう。

 

ただし、日本企業の面接同様に相手の質問を正確に理解しているのかどうかを確かめるために面接を行っています。

余計なことを言わず、質問されたことにしっかりと答えることが、採用されるためのポイントになることは忘れないようにしましょう。

簡潔であり、わかりやすく答えるのは、日本企業での面接とも共通している要素になります。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ