社内雰囲気を事前に知る方法はあるのか?

転職活動をしてミスマッチを感じる最も多い理由と言ってもいいのが、職場の人間関係ではないでしょうか。

求人情報などに掲載されている写真などでは、スタッフ数人が笑顔で写っているものが載せられていて、さぞかし職場の雰囲気は良いのではという想像を抱かせるものです。

他に会社の紹介文章などでも、職場の雰囲気も良く、働きやすい環境などというような文字が踊っています。

 

こういった写真や文章といったものを信用し、応募をして転職を見事に成功させた後に、実際に働き始めると人間関係がボロボロだったというような苦い思いを経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こういったことを繰り返してしまうと、いつまでも転職を繰り返すことになってしまうため、出来れば避けたい所です。

 

ここでは実際に入職を決める前に、希望している転職先企業の社内雰囲気を把握する方法を紹介していきましょう。

 

募集記事のアピールポイントで判断をする

前述にあるように、募集記事に社員同士が仲良くしているような写真を掲載したり、わざわざ文章化するような企業の場合、はっきり言って逆にアピールポイントがない企業と考えて間違いないでしょう。

条件面や仕事内容にやりがいを感じるような職場であれば、それを前面に出してアピールするでしょうし、社内雰囲気が本当に良ければ、わざわざそれをアピールする必要はないのです。

 

逆に自信がなくアピールポイントがないからこそ、そういったポイントをウリにするというのが、こういったものを製作している出版業界などでは常識的な考えと言われています。

他にも同じ企業、同じ部署での求人が、条件面を見る限りそこまで問題がないように見えるのに、毎回のように掲載されていて、半年以上も掲載されっぱなしという場合には、職場環境に問題がある可能性がかなり高いです。

募集要項やアピールポイント、掲載期間などからも十分に職場環境の予測は可能なのです。

ですから、現在の求人情報だけでなく過去の情報を見るというのもポイントになりますね。

 

離職率のチェックをする

人間関係の良い職場であれば、ある程度に条件面が劣悪だったとしても、働き心地が良いため、離職率はある程度に低い状況になっているものです。

逆に給与や勤務時間、サービス残業の多さなどの条件面はもちろん、社内雰囲気が悪いような企業や部署の場合、離職率が高いことが予想出来ます。

 

転職エージェントなどを利用すれば、内情をすぐに把握することが出来ますし、インターネットで検索をするだけでも、離職率などのデータを把握することは簡単に出来るでしょう。

近年では、転職サポートをしている企業でも独自性の高いサービスを展開している企業が多く、実際にその企業に働いている現役の社員が内情を赤裸々に紹介しているコンテンツが存在しています。

 

転職エージェントであれば、営業担当者が実際に足を運んでいるわけですし、前述した現役の社員が提供しているコンテンツであれば、当然に真実味が高いわけです。

こういったコンテンツを活用することも大切になりますね。

 

面接などを受ける前に希望先企業まで行ってみる

事前に社内雰囲気を確認する方法としては、直接転職希望先企業に訪問するといった方法が一番です。

もちろん、職場に雰囲気を確認しましたと、会社の中まで入っていくのではなく、希望している企業の前までで大丈夫です。

 

出勤の時間帯と退社の時間帯の両方を出来ればチェックしておきたいところ。

わざわざ企業の中にまで足を踏み入れなくても、外見で十分に職場内の雰囲気を把握することは可能です。

 

明らかに疲れきった表情をしている社員が、足重に出勤をしている場合や、多くの社員が出勤をしているのに「おはようございます」といったような挨拶もない。

挨拶などをしていても、笑顔などがないような場合には、残念ながら職場の雰囲気が和気あいあいとはしていない可能性が高いと言えます。

ここでお話ししていることが全てではありませんので、自分なりに考えて応募しようとしている企業の社内雰囲気をつかめる方法を探してみましょう。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ