平均的な転職活動期間は?

3ヶ月も経たず、転職先が決まったという方もいれば、半年以上も転職活動をしているのに、まったく転職先が決まらないという方もいらっしゃいます。

焦って転職先を決定すると後悔に繋がりますし、逆にあまりに時間をかけすぎると失業保険の給付金が切れてしまい生活ができなくなったり、新しい転職先にもやる気がないと思われてしまうこともあります。

 

転職活動は早すぎても、遅すぎても何かしらの影響を転職後に与えてしまうことが多いのです。

ですから、適切な転職活動期間というものを理解し、その範囲内で最も良質な転職先を選択するのが、ベターな方法といえるのではないでしょうか。

一体、平均的な転職活動期間はどのくらいなのでしょうか。

 

初転職の平均転職活動時間

転職活動も既に何度も行っているようなベテランの方であれば、失業保険の給付金がギリギリに切れるまでゆっくりと転職活動を行い、上手に時間を有効に使ったりすることも可能でしょう。

しかし、初めての転職活動をする方からしてみると、とにかく生活のために早く転職先を見つけたいなんて焦りながらの転職活動を行ってしまうものです。

 

これはあくまでも平均値ですが、初めての転職活動に皆さんがどれだけの転職活動期間を当てているのかというと、平均で2.1ヶ月というデータが存在しています。

 

これは意外な数字だと感じた方もいるのではないでしょうか。

初めてということや失敗したくないという強い意思があることから、いろいろなことを調べ迷っている内にどんどんと時間が経過してしまうことを考えると更に数ヶ月はかかるかと思っている方も多いのでは?

しかし、実際にはたったの2ヶ月で転職活動を終了している方が初めての転職の方でも多いのです。

 

初転職活動の活動期間割合

前述ではあくまでも平均値を紹介しましたが、実際にはどういった内訳になっているのか見てみましょう。

もっとも多かったデータが、転職活動を初めて2週間以内で次の転職先を決定し内定まで貰ったというもので、その割合は25パーセントとなっており、初めて転職活動を行う方の一番多いケースになります。

 

1ヶ月以上2ヶ月未満というのが、その次に多く全体の20パーセントほどの割合になります。

更に続くのが2週間以上1ヶ月未満というもので、これが全体の19パーセントになります。

 

こういった背景で平均値を見てみると、実際の転職活動に掛ける期間は非常に短めで、約半数の方が約1ヶ月の間に、新しい転職先を決めているというデータが存在しているのです。

世の中が不景気で就職活動が厳しい状況に晒されている時だからこそ、超短期決戦で次の転職先を決めるという方が多くなっているのかも知れませんね。

 

3ヶ月以上の長期戦を余儀なくされることも

前述にある最も多い2週間以内という転職活動期間は、超短期決戦といえるでしょう。

1ヶ月から2ヶ月という活動期間についても、決して余裕を持って行えるというわけではないはずです。

実際にこの短期間で転職活動をしてみれば分かると思いますが、相手企業やこちらのスケジュールなどを考えて面接日などを設定した場合、すぐに時間が経過してしまい意外と数が回れない短い期間であることを実感することでしょう。

 

超短期決戦で成功する方のほとんどは、事前準備をしていたり対策などを既に行っていたりしており、出遅れない何かしらの条件を持っていることが多いのかも知れませんね。

こういった対策ができていない方が長期戦を余儀なくされ、初めての転職活動でも5人に1人という高い割合で3ヶ月以上もの長期転職活動を余儀なくされてしまうのです。

 

転職活動期間のベストは2ヶ月程度で、かかってしまったとしても3ヶ月といったところで転職活動期間を終えるのが良いでしょう。

その実現のためには、使えるツールはしっかりと使っていきたいところですね。

 

転職活動期間に関しては、転職ってどれくらいの期間で出来るもの?でもお話しをしていますので、参考にしてみて下さい。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ