応募しようと思っている企業の経営状況は教えてもらえる?

転職をしたいと考えた場合、条件面のアップなどの目的を以ってする方も多いですが、それ以上に気になるのは、転職先企業の経営状態ではないでしょうか。

いくら優遇されていると感じるような条件面でヘッドハンティングされたとしても、経営状態が悪く、将来性に不安がある企業と分かれば、転職に踏み出すのは躊躇するというもの。

 

ハイクラス向けの求人に応募するのであれば、経営状態が悪いということは、むしろウエルカムであり、自分が入職することで経営状態を鏡前してやろうという野望を持つことも出来るでしょう。

このように転職を希望している企業の経営状態を事前に把握しておくことによって、自身の覚悟というものが違ってくるのは当然なのです。

場合によっては転職を考えなおす方もいれば、相当の覚悟を以って転職を進める方だっています。

 

どちらにしても、転職を希望している企業の経営状態を把握することは重要なこと。

ただ、その経営状態を把握することが出来るのか、という疑問は誰もが持つことでしょう。

ここでは転職希望先の経営状態を転職前に把握することは出来るのか否かを紹介していきましょう。

 

投資家なら当たり前の情報

企業の経営状態を把握することは、転職希望者のみならず、投資家にとっては非常に大事な情報だと言えるでしょう。

独自の情報ルートを持っている方もいますが、それ以外にも内部にそこまで深く関わらずとも、経営状態がどのようなものなのかを予測するデータというのは、一般公開されている様々な情報の中から、十分に把握することは可能なのです。

 

その一つの情報源が、IR情報というものです。

IRというのは、インベスター・リレーションズの略で、投資家向けに公表されている自社の財務情報のことです。

その中でも注目すべき項目として、FCFやCDSといったものが挙げられますが、こういったものをチェックすれば希望先企業の経営状態をある程度に把握することが出来るでしょう。

 

転職エージェントに尋ねる

個人レベルの情報収集で、前述にあるようなFCFやCDSをチェックして判断をすることも出来ますが、これはあくまでも投資家レベルの経営状況に敏感な人種が把握出来るようなデリケートな数値です。

そういったスキルや感覚といったものがない方の場合にはどうすればいいのでしょうか。

 

こういった方には、やはり転職サイトや転職エージェントなど、実際に職場に足を運び労働者の表情や、職場環境の変化などをつぶさに把握している方に直接尋ねる方法がおすすめです。

こういった方達は、様々な企業の転職斡旋をしてきています。

 

過去の数々のデータから、このような状態になれば、先は長くないだとか、こういった特徴があれば、この先まだまだ成長するといったことは十分に予測出来るはずなのです。

前述にあるIR情報は、ぶっちゃけて言ってしまうと自社自動の情報ですから、都合が良いようにコントロールすることは可能です。

 

しかし、転職サイトなどの場合には、実際に近々に訪れた営業マンや、キャリアコンサルタントが生の目で見た確かな情報なわけです。

もちろん感覚の鈍い方もいらっしゃるかもしれませんが、ここから得られる実際の職場情報や環境というものは、確かなものになります。

 

転職エージェントやサイトなども、当然に無償で人材斡旋をしているわけではありません。

そこに契約があり、報酬を得られるからこそ、自身が苦労した人材を紹介するのです。

 

つまり、企業体力が落ちている企業に敢えて人材を紹介するほどに暇ではないということ。

そのために、しっかりと事前に企業経営状態を転職希望者に把握してもらい、本当に転職をする覚悟があるのかどうかを事前確認する転職エージェントや転職サイトが多いのです。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ