正規社員の経歴がない場合は不利?

転職活動における悩みは沢山にありますが、その中でも特殊な悩みとして挙げられているのが、これまでの人生で正社員として働いた経験がないことが転職において不利になるのかという疑問です。

結論からしてみると、転職を希望している年齢にも寄りますが、年齢を重ねるほどに不利にはなります。

 

第二新卒者の求人をよく見かけますが、その場合でも、やはり優先されるのは、ある程度の期間を正社員として1つの会社に所属をし、社会人としてのルールやモラル、マナーといった基本中の基本を身につけている方に向けられている求人が多いのです。

就職したはいいものの半年も経たずに離職をし、その後は何もしていないだとか、アルバイトしかしていないでは、かなり転職には不利になると言わざるを得ませんね。

 

しかしながら、正社員の経験がないからといって必ずしも不利になり、不採用が確定とはならないのです。

こういった状況を上手に利用し、逆にアピール材料にすることによって、転職の成功率をあげることが可能になります。

 

要はアピール次第

正社員でなかったとしても、重要な役割を任されていたり正社員以上に企業に対して貢献をしている事実があれば、これをアピールしましょう。

そこで重要になってくるのが、履歴書や職務経歴書になります。

 

これまで行ってきた業務内容であったり、取得したといえるようなスキルなどを重点的にアピールしていくのです。

近年では、正社員にしか出来ないことや、アルバイトや契約社員だから踏み込んではいけない領域などはあってないようなものです。

 

仕事が出来ると思われれば、会社に及ぼす利益やメリットを考え、適材適所を実行するのが会社というものです。

今まで自分がこなしてきた仕事に自信があるのであれば心配要りません。

 

正社員になったことがないことを逆利用する

他にも正社員になったことがないという不利な状況を打開する方法があります。

それはこれまでに正社員として落ち着くことを良しとしなかった自分が、初めて正社員になりたいと思って応募をした企業であるということをアピールするのです。

 

そろそろ年齢も年齢だし、正社員としてしぶしぶと落ち着くといったニュアンスではなく、やっと正社員として骨を埋めたい企業が見つかったというようなアピールをするのです。

こうすれば、採用側からすれば、熱意というものを感じることになるでしょうから効果的と言えるでしょう。

 

このように正社員になったことがないということを、ネガティブに捉えるのではなく、敢えてしてこなかったというように前向きに捉えるのです。

それを上手に利用することで、非正規雇用者だったことをポジティブに捉え、逆に利用をしてあげるといった考え方を持つことが重要でしょう。

 

何を身につけ、何を成したのか

現代では、良くも悪くも、終身雇用制や年功序列制など、高度経済成長期に確立されたシステムが崩壊している傾向が見られています。

欧米のように、完全成果主義なのです。

 

ですから、非正規社員の経験しかなかったとしても、テレアポの営業で契約を何十本も取ってきたという実績があるとか、バイトリーダーとしてシフト管理までをも任されていたといったような事実があれば、正社員としての経験がなくても十分にアピール材料になると言えるでしょう。

このように何を成し、どのような結果を導き出してきたのかによって、正社員という立場だろうと、非正規雇用者であおろうと、関係ない状態にまで持って行き同じ土俵に立つことが出来るのです。

 

こういったアピールをしながらも、どうして正社員として働きたいとシフトチェンジしたのかという理由をしっかりと用意しておきましょう。

これが納得できるものであれば、不利な状況を圧倒的な有利の状況まで持っていくことが可能なのです。

ただし、転職エージェントの会社によっては正社員の経験がない方の場合は、登録すらできないこともあります。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ