収入証明や役職証明書を求められるのは当然?

転職の際の疑問は尽きないものです。

その中でも、気にかかることが各種証明書の提示を求められるということです。

 

例えば、この典型例が役職証明書といったもの。

就職氷河期とも言われている現代では、学歴や職歴、役職の詐称なんてものを平気で行う転職希望者も存在しています。

こういった不正をする人材の影響によって、まっとうな転職活動をしている方にまで迷惑が被るような時代なのです。

 

他にも収入証明書の提示を求められるというケースも存在しますね。

一昔前までの転職活動では、ここまで求められる企業は、大手などのごく一部でしたが、現在ではスタンダード化している傾向も見られています。

 

そこで出てくる疑問がこれはスタンダードに起こりえることなのかということや、それを提示する義務はあるのかということでしょう。

ここでは各種証明書の提示を求められることが当然なのかという疑問に答えていきましょう。

 

収入証明書で何を見るのか?

転職活動の際に収入証明書の提示を求められるのは、やはり給与の査定の参考にするためといって間違いないでしょう。

面接時に以前はこのくらいの給与でしたと言って、水増しした給与額を言い、給与額をアップさせようとするような邪な考えを持っている方も事実としているわけです。

他にも給与額などを直接面接で尋ねるなどは無粋な行為という考えもあるため、こういった対処をしていることが多いと言えるでしょう。

 

前職の給与額がある程度、あなたのスキルや立場の判断材料にされるということも覚えておきたいところですね。

 

役職証明書を求める意味

この場合にも、前述の給与額の詐称同様に、職歴詐称をされないための対策と考えるのが妥当です。

前職の状況などは、当然に詳しく把握することが出来ないわけですから、職務経歴書や履歴書に書かれている内容が、信用出来るものなのかどうかを確認するために要求をすることがほとんどといえるでしょう。

 

給与アップのため。

待遇面アップのために、何でもするといった人材が残念ながら存在しているのが事実なのです。

はっきり言ってしまうと、真面目にやってきた方からすれば、不正を当たり前にしてきたような人材の思い切りとばっちりを食っている状況といってよいでしょう。

 

だからといって転職希望先に悪いイメージを持つことは大きな間違いです。

転職希望者であるあなたが、転職活動で失敗したくないと思うのと同じく、採用側も採用において失敗したくないという考えを持っているのですから。

 

証明書を求められる意味

前述の2つの証明書以外にも、様々な証明書が存在します。

そしてこれらの証明書を求める理由は、共通点があり、正直であり、不正を行わないまっとうな人物であるのかどうかを確かめるために行っているといっても過言ではないでしょう。

 

転職成功のためには、平気で嘘をつく。

騙そうとするというのは、残念ながら、業界に精通しているだとか、職種のスキルや知識にアドバンテージを持っているという以前の問題なのです。

 

信用や信頼が出来る人材でないと、一緒に仕事をしていこうとは思わないでしょうし、会社に正当な利益をもたらしてくれるとは考えられづらいのです。

自信の誠実さをアピールするためにも、履歴書や職務経歴書、そして面接の際に嘘や偽りを伝えることは危険だということになります。

 

信頼関係を築くことが出来ないと判断されれば、採用されることはとても困難になると言わざるを得ませんね。

こういった証明書の提示を求められた際に、何の後ろめたさもなく、真実を記述したり、報告することが重要なのです。

自分の都合がいいように、そこまで不正をしても、問題にならないと考えるのはとっても甘いことなのです。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ