子育て中の女性の転職は不利?

転職における悩みは、それぞれの状況で違っていることでしょう。

置かれている立場によって出てくる問題や、女性特有、男性特有の転職時の悩みというものも存在しますね。

子作り計画があるなら面接で伝えるべき?でも書きましたが、子供というのは女性特有の悩みとも言えるでしょう。

 

ここでは、女性の典型的な悩みである子育て中である場合には、転職は不利になってしますのでは?という不安です。

小さなお子さんをお持ちの方であれば、子育てがどれほどに大変なのかは、十分に理解できているものです。

そのため、会社を子供の都合で休んでしまったり、遅刻や早退といった会社が求める就業時間通りに働くことが非常に困難になることは目に見えています。

 

だからこそ、妊娠予定の女性や、子育て真っ最中の女性、更に結婚をしている女性の転職は不利になるのではないかという意見がよく出てくるわけです。

ここでは、子育て中の女性の転職は不利なのかについて紹介をしていきましょう。

 

不利ということはない

不利になると思うのは、あまり自身の職種のスキルや人間性、臨機応変さに自信がない証拠でしょう。

正社員として気まずい思いをするのであれば、パートや契約、アルバイト、非常勤といった非正規社員としての道を選択すればいいだけです。

 

雇用契約がどのような状況であっても、会社に利益をもたらし必要な人材だと認識させることが出来れば、子育て中であろうと、どんな状態であろうと、あなたとの関わりを断つということは、会社側も考えないことでしょう。

柔軟性のある柔らかい発想を持っている人事担当者や管理職、トップがいるような企業であれば、いくらでも融通は利かせてくれるはずです。

 

会社の財産は何と言っても人材です。

これがなければ、会社なんてものはあっさりと立ちゆかなくなってしまうことでしょう。

こういった発想を持っている企業を見つけられるかどうかが、重要な鍵であり、貴方自身のスキルや知識も高いものを問われるのは言うまでもありません。

 

サポートをしてくれる人やツールがあるか

子育てをしながらも、転職を成功させるコツとしては、そこにツッコミが入った時に、その対処をしっかりと講じることができるかどうかに掛かってきます。

例えば、お子さんが熱を出されたから保育園から迎えに来てほしいという場合、あなたはどうしますかといった質問がなされた場合、早退するでは、ちょっと厳しいと言えるでしょう。

 

仕事が一段落するまで、預かってもらうことができる融通の利く施設に預けているから問題ない。

他にも住んでいる近くに自分もしくは、旦那方の両親が在住しており、対処を任せることができるといったこと。

他にもママさん友達に預かってもらうことができる環境であることなどなど。

 

こういった何かあった時に、自分だけしか対応が出来ないというのではなく、何かしらの対応策を講じられる環境にいるということをアピールしていけば、転職が不利になることはないでしょう。

無策では、噂通りに転職活動において、不利になってしまうことも選択した企業にもよりますがあると思います。

 

ですから、前述のような対策を講じておき、それを質問時に答えることが出来て、実際に入職した後も実行できるのであれば、十分に信頼関係を築くことができるでしょう。

 

転職エージェントを上手に使う

とはいうものの、やはり企業の人事担当者や、その企業そのものの考え方がどういったものであるのかは、個人レベルの情報収集ではなかなか難しいことといえるでしょう。

子育て中の女性は絶対に採用しないという企業どころか、女性従業員を頭数に入れておらず、重要ポストなどは任せる気がないという旧態然とした企業も、残念ながらこの平成の世の中でも存在はしているのです。

 

そこで転職エージェントを使い、子育て中の女性に理解がある企業を紹介してもらうのが一番です。

他にもママさんワーカーが集まるSNSや掲示板などでの情報交換をしたりすれば、子育てに理解のある企業を見つけることは、そこまで難しくはありません。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ