転職活動が現勤務先にバレることはある?

転職活動は、現職の企業をしっかりと退職した後でという考えの方もいれば、現職中に転職活動をし、ある程度に内定を貰える確信を持ってから退職を実行に移したいと思っている方もいます。

転職リスクを最小限にするには在職中に転職活動をするでも話しをした通り、在職中に転職活動を行い内定をもらってから退職の意思を伝えるやり方が賢い方法です。

ただ、在籍しているままに転職活動をしている場合、転職活動を行っていることが、現職場にバレないだろうかという不安は、誰でも持つと思います。

 

現職場にバレてしまうと、裏切り者扱いをされてしまったり、もう辞めるからとやる気がないように受け取られて、気まずい思いをしたりと、様々な弊害が出ることが予測出来ます。

こういったことを防ぐためにも、出来ればバレることなく転職活動をしたいと思うのは当然ですね。

 

ここでは転職活動が現勤務先にバレることはあるのか否かについてお話しをしていきましょう。

ちなみに、応募企業が現勤務先に連絡を入れることはある?でもこのことには少し触れていますので、参考にしてみて下さい。

 

重要機密扱いであるためほとんどはバレない

日本にある企業の中で新卒として採用し、すべての社員が生え抜きで固められている企業など一つもないと言えます。

どの企業にも転職者を採用し、重要なポジションにつけていることも少なくありません。

 

こういった現状を考えた場合、現在、御社の社員が弊社で転職活動をしていますなんて情報を漏らすことをすれば、自らの首を締めてしまうことにはならないでしょうか。

このような事情があるため、転職活動についての情報は、どの企業も機密情報として扱うことが多く、転職先企業が現勤務先に情報を漏らすなどいうことは、まず考えられません。

 

また、近年では個人情報についての取り扱いが、非常に神経を使われるようになりました。

もしも自社へ転職活動をしている希望者の情報が、他社に流れてしまったとなると、その企業のコンプライアンスに問題があると指摘され、評判を落とすことにもつながります。

特に近年では、誰もがインターネット上でこのような情報を配信することが出来る時代ですから、一気に信用を失うことに繋がってしまうため、個人情報については神経を使っているというのが現状なのです。

 

転職サイトなどを利用すると便利

個人的なヘッドハンティングなどの場合、やはり食事など話し合いの場を同僚に見られるといったケースも考えられます。

個人レベルの転職活動では、連絡をしたり、条件交渉をしたり、スケジュールを組むことはすべて自分でしなければならないため、現勤務先で働きながら行うのは、多くの労力が掛かるもの。

 

仕事の効率も落ちてしまう可能性も高くなり、結果として、いつもと違うあなたの勤務態度から、転職活動をしていることがバレてしまうなんてこともゼロではありません。

こういったことをなくすためにも、煩わしい面接日のスケジュールや年収などの条件交渉を行ってくれる転職サイトを利用することで、あなたに掛かる負担を減らすことも可能です。

 

こちらは転職サイトなどから連絡があるまで、普通に仕事に集中出来ますから、転職活動をしていることは、バレる可能性を極力減らすことができます。

転職サイトなどにとって、登録してもらっている転職希望者の個人情報を守ることは、何よりも力を入れている部分です。

情報が漏れるなどということは、まず考えられないでしょう。

 

募集事項に注意書きがなくても

よく求人情報を見ていると、秘密厳守といった言葉や、履歴書返却などといった言葉が明記されているものを見かけます。

こういった企業でなければ、情報が駄々漏れするのではと心配になりがちですが、こんな文言を記載していない企業でも、これらのことは当たり前に行われており、秘密は厳守されていると考えて問題はありません。

前述にもある通り、現職に集中出来るように極力転職活動に掛ける自身の負担を減らし、通常通りに勤務出来る環境を作りつつ、転職活動をすることがポイントです。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ