応募企業が現勤務先に連絡を入れることはある?

応募先企業が転職活動中に、現勤務先に連絡を入れるなんてことはあるのだろうか。

こんな疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

転職希望者が置かれている状況は、様々であり、すべての転職希望者が前職を離職し、円満退社をした後に転職活動をしているわけではありません。

転職活動をして、ある程度に応募企業から何かしらのリアクションや、手応えを感じた時に初めて退職の意思を示すといった転職方法を選択される方もいるのです。

 

当然に就業規則に則って、前職への退職意思は示しておく必要があります。

ただそれを守っていても、まだ転職活動をしていることを知られたくないという方もいるわけです。

 

現職場に転職活動をしていることが発覚してしまった場合、職場のモチベーションが下がったり、円満退社が難しくなってしまうことだって考えられます。

こういった事態になってしまわないためにも、是非とも知っておきたい転職時の疑問ですね。

 

在職中での連絡はほとんどの場合ない

企業もそこら辺の事情は分かっているわけですから、転職希望者が現職場で波風が立つようなことをする企業はほとんどいないでしょう。

逆にこういったアクションを起こしてしまうような企業であれば、その企業体質を疑うべきです。

 

常識として、在職中に応募者の勤務先企業に疑問になる点があるからといって、問い合わせ等を行ったりするなんてことは、まずありえないことだと思って下さい。

前職の辞め方は、転職の成功を左右する要素になります。

 

円満退社をしているかを離職後に前職に問い合わせ、確認をするといったアクションは、大きな規模の企業であればあるほどに、当たり前と言って良いくらいに行っている行為ですからね。

ですから、これを邪魔するようなアクションを応募企業が起こすとは、考えられないのです。

 

ただし、前述にもある通り、既に離職をしてしまっている場合には前職確認といって、前職の職場に対して連絡を入れ、チェックをするケースが多いようです。

転職希望先が、前の職場のことを内偵するといったアクションは、当たり前にあります。

 

何か問題を起こして離職したのではないか。

しっかりと円満退社をしているのかどうか。

こういったことを確認するための内偵ですから、現在、在職中ということであれば、上記のようなことを確認することは出来ないですから、現職場に連絡を入れることはまずないのです。

 

企業コンプライアンス重視の時代

現在は、企業倫理や社会的規範といったものを重視される時代です。

以前の時代では常識として片付けられていたことでも、現在ではちょっとのことでパワハラやブラック企業などと、インターネットを使い世界中にそれらを公開されて企業イメージが一気に低下してしまい、業績にそれが影響する時代です。

 

ですから、企業コンプライアンスという側面から考えても、在職中に現職場に問い合わせを行うなどという行為は、もはやコンプライアンスの意味すら把握していない企業くらいしか行わないのです。

もしもこういった企業に応募をしてしまったのであれば、残念ですが、現職と応募先との両方の職場を失うことになりかねません。

 

ですが、これはあくまでもコンプライアンスの意味も分からない企業を転職先として選択してしまった、あなた自身の情報収集の甘さが招いた結果と考えましょう。

どうしても都合上、在職中の企業の退職日と転職先企業との入社日が非常に近くなってしまっている場合には、社会保険などの関係で、問い合わせなどがあるのではと思うかもしれませんが、こういった状況だったとしても、前述のようにコンプライアンスを理解している企業であれば、そういったアクションは行わないといえるでしょう。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ