同業他社へ転職する場合の注意点はありますか?

転職に関して知っていそうで知らない疑問としては、同業他社への転職をする場合に注意をすべきことはあるのかという疑問ではないでしょうか。

キャリアチェンジ転職の場合、こういったものはあまり関係ありませんが、キャリアアップ転職の場合にはこういった疑問が生じてくるのは当然です。

 

特に30代以上の年齢になってからの転職の場合には、キャリアチェンジ転職よりも、これまでの業界での経験や知識、スキルを十分に行かせる同業他社へと転職をしたいと望むことが多くなります。

更に長年前職での経験があるわけですから、顧客情報や取引先の情報、その他にもある程度の経営戦略なども把握していることが多いもの。

それが同業他社に流れるとなれば、前職の企業も難色を示すのは分からないでもありません。

 

ここでは同業他社に転職をする場合の注意点を紹介していきましょう。

 

職業選択の自由が優先される

日本では、その憲法において職業選択の自由というものが保証されています。

企業によっては、就業規則などに同業他社への転職の禁止を謳っていたり、入社する際にはその手の契約書にサインを書かされるケースも少なくありません。

 

契約書などにサインをしたから、就業規則に書いていてそれを了承して入職をしたから、同業他社に転職をしたくても出来ないなんて諦めるのは大きな間違いだということです。

憲法における職業選択の自由が最優先されることになりますから、同業他社であっても転職を行いたいというのであれば、それを実行してもなんら罪に問われたり、損害賠償などを求められることはないので安心しましょう。

 

制限などはないが注意をすべきことは

前述にある通り、職業選択の自由がありますから同業他社への転職を実行することはもちろん可能です。

この際、退職金などの減額なども行うことは、ルール上出来ないことになっています。

 

他にも、前職で獲得した知識やオリジナルの技術、顧客情報等々を同業他社へ流用した場合には、損害賠償をすると誓約していたとしても企業秘密のレベルのものでもない限り、その誓約は無効になるということを覚えておきましょう。

ただし、販売前の新製品などのプロジェクトに入っており、その間に同業他社へと転職をし完全にコピーと分かるような新製品等を開発、販売して、転職先に有利になるような結果が出てしまった場合には、訴訟の対象になり得ますから注意する必要があります。

 

前職からの退職は礼節を以って

このように同業他社への転職は、誰にも止めることは出来ませんし損害賠償などトラブルに巻き込まれるケースもありません。

ただし、今後の自身の会社員人生も考えなるべく前職から退職をする場合には、遺恨を残さず礼節を以ってしっかりとすっきりと退職すべきです。

 

転職先企業の名前は出来れば明かすことなく、まだ未定であるという様にしておくのが無難でしょう。

敢えて前職の中で波風を立てるようなことはすべきではないのです。

 

転職する際のアピール

これまでは、前職への注意点を紹介してきましたが、新しく転職する同業他社への転職の際の注意も必要です。

単純に厚遇で迎えてくれるからなどという志望理由で転職活動をした場合、残念ながら不採用にされることにもなりかねません。

 

自身が何を感じて転職をしようと決意したのか。

また、どのような信念があって転職を希望し、それが自身が選んだ同業他社でなければならなかったのか。

それらを客観的に簡潔に伝えることが転職活動では大事になってきます。

 

波風を立てず前職をやめてしまえばこっちのものなどと軽く考えず、同業他社に転職を希望する場合には、転職希望先が十分に納得出来るような志望理由と退職理由を用意して転職活動に臨むべきでしょう。

 

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ