転職後給与は前勤務給与を考慮してもらえる?

転職を決める要素の一つとしては、給与などの条件面のアップが望めるからという理由を持っている方が多いのではないでしょうか。

よく求人要項にも、前職の給与を考慮致しますなんて文言を見かけることもあるでしょう。

 

ここでは、転職を行う際には、前勤務給与を考慮してもらえるのか否かについて紹介をしていきましょう。

 

どの様にして給与が決まるのか

そもそも労働者の給与は、どのようにして決まるのかを把握しておかないと、前職の給与を考慮してくれるか否かを判断することは難しいものです。

従業員の給与には、それぞれの企業が設定している人件費の事情が大きく関わってきます。

 

いくら前職の給与は考慮するといっても、大企業と中小規模の企業とでは設定している人件費の額が違っていて当然といえるでしょう。

ですから、前職の給与額を考慮して欲しいのであれば、企業規模などを大きく落とすような転職は避けるべきではないというのが一般的です。

 

給与規定を越えられない

それぞれの企業には、大規模であろうと中小企業であろうと基本的には給与規定というものが設定されています。

つまり、前職でいくら高額な給与を支給されていたとしても、転職先企業の給与規定がその額に追い付いていないのであれば、当然に給与は下回ってしまうことになりやすいのです。

 

いくら魅力的な人材だと判断されたとしても、既存の社員よりも遥かに高い給与で向かい入れるということは、まず考えにくいもの。

既存社員との間にトラブルが起こったりしないためにも、ある程度に足並みを揃えるというのが、日本企業の典型的な考え方といえるでしょう。

こういった場合には、特別に成果を挙げればインセンティブを出すといったような特別な契約をして給与を考慮し、額面上の給与に関しては既存社員と同様にするというのがスタンダードな方法です。

 

スキルと実務能力がすべて

やはり前職と同等、もしくは転職後にアップとなるためには、その職種に関してのスキルと実務能力がすべてです。

ですから、異業種転職の場合には、当然ですが実務経験もスキルもゼロからのスタートになりますから前職でいくら高給与であったとしても、それを考慮されることはないでしょう。

 

前職では会社に対して、どれほどの利益を与えられたとアピールしたところで結局それは異業種での話であったり、異職種での話になりますから、当然に考慮されることはないのです。

逆に異業種からの転職であるにも関わらず、前勤務給与を考慮して欲しいなどという交渉をすれば悪い印象を抱かれる可能性が高くなります。

 

逆に同業種転職の場合には、やはりスキルと実務能力があると評価されれば、基本的には前勤務給与を考慮してもらえる可能性も高くなるというものです。

基本的に前勤務給与を考慮して欲しいのであれば、これまでの同一業界での転職を目指すべきでしょう。

条件交渉は難しい

このように給与を始めとして、条件交渉をするのは、難しいものなのです。

前勤務給与がいくら高額だったとしても、転職先企業の懐具合なども影響するわけですから事前の企業調査も重要になってきます。

 

こういったものをすべて把握した上で、転職先を選択し更に条件面での交渉を行っていく必要があるのです。

個人レベルでの転職活動では、企業調査の時点で社員の平均給与や給与規定などは、完全に正確に把握することは難しいといえるでしょう。

 

ですから、転職エージェントなど、それぞれの企業の情報を正確に把握出来ているツールを利用して転職を行うことの方がアドバンテージを持つことが出来るのです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職を希望している本人からしてみるとやりづらい交渉も上手に行ってくれるのですから。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ