年齢が高くなればなるほど不利?

一応は応募の基準として、年齢や性別などの制限を設けてはいけないということになっています。

しかしながら、その明確な理由を示すことによって、これらの条件は設定することが出来るようになっているのも事実。

 

様々なコンテンツなどで、35歳限界説といったものがあったり、業界や職種によっては、30歳という若い年代でも転職は不可能などと言われているものも存在します。

その一方で、転職を志すのに年齢などは関係ないと謳っているものも存在しているのです。

 

実際に転職を希望する場合、年齢が高くなればなるほどに不利になってしまうのでしょうか。

ここではその点について紹介していきましょう。

 

転職の種類によって結果は違う

転職と一口で言っても、大きく分けると二種類に分けられるといえます。

一つはこれまでのキャリアを活かし、同業界同業種などで転職するキャリアップ型の転職。

 

もう一つは、これまでの業界や職種などに見切りをつけ、新しい業界や職種にゼロからチャレンジするといったキャリアチェンジ型の転職です。

この二つの転職を考えた場合、当然に後者のキャリアチェンジ型転職ならば、年齢は確かにネックになると言わざるを得ません。

 

同じくゼロからスキルや知識を叩き込むと考えた場合、指導者となる担当が年下になる恐れがあったりして、気を使ったり、反発心を生じさせる場合もある。

また、その後の勤続年数や企業にもたらすであろう利益といったものを単純に計算した場合には、高年齢の転職希望者よりも若い新卒者を選ぶのは当然といえるでしょう。

こういったことを考慮されるため、キャリアチェンジ型の転職の場合には、年齢がネックになってしまうことは当然にあるのです。

 

キャリアアップの場合には武器になる

若い時の苦労は勝手でもしろなんて名言があるように、経験というものは財産になります。

このためキャリアチェンジ型ではネックになってしまう年齢も、キャリアアップ型の転職の場合には、丸々武器になる可能性が高いのです。

 

もちろんそれまでのキャリアの中でしっかりと利益をあげ結果を出しているということが前提になりますが、その条件さえ満たしていれば特に専門職や特殊な業界や職種であればあるほどに、年齢が上がれば上がるほどに評価を高くしてもらえる可能性が高いといえるでしょう。

ただし、年齢や勤続年数も当然に考慮されることは忘れてはいけません。

相当な年数同業界で働いているのに、大きなプロジェクトを任された経験がないだとか、マネジメントの経験をしてきたのかなど、それまでのキャリアはしっかりと考慮されるため、それを満たしていなければ、やはり同等のスキルや経験、知識を有した年齢の若い人材を確保しようとするのは当然のことでしょう。

 

キャリアの差が結果を左右する

とどのつまり、年齢が高くなればなるほどにモノを言うのは経験とスキルなのです。

企業が求めるレベルをクリアしていれば、年齢をいくら重ねても、それが不利になるということはありません。

 

しかしながら逆に、企業が求める経験やスキルを満たしていなければ、当然に若い年代の人材よりも不利になることは言うまでもないことなのです。

ただ漠然と企業に籍を置きダラダラと勤務をしているようでは、いざ転職をしようとした時に、この年齢の壁にぶち当たってしまうのは言うまでもないことでしょう。

 

こういった時に年齢を理由に不採用にするなど、差別だなどと声高に叫んだとしても後の祭りです。

そうならないためにも来るべき転職のための準備として、しっかりと任された仕事をし積極的に業務に取り組んでおくことが重要といえるでしょう。

真面目にやってきたことは、こういった所でも報われるのですから。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ