転職エージェントの担当者の決まり方は?

転職エージェントを利用する最大のメリットは、てっとり早く沢山に出されている求人の中から、自分が望むような条件やそれ以上の条件を提示してくれている求人を見つけることが出来るからという方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、これでは、単純に自分が採用される確率が高い転職先であるのか、更にその後のキャリアに役立つ転職先であるのかを満たしているとは言い切れません。

 

それでは、転職エージェントを利用する最大のメリットとは何でしょうか。

それは、それぞれの業界や職種の特徴を把握し、転職先企業の内部情報を詳細に把握している上、転職希望者の転職市場での適正な価値を判断することが出来るキャリアコンサルタントと巡り会えるからと言っても過言ではないでしょう。

 

単なる求人検索であれば、インターネットのフリーワード検索でも十分に可能ですし、より業界や職種に特化して検索をしたければ、転職サイトで十分に事足ります。

転職エージェントの特徴は、転職支援のノウハウを知り尽くし、それぞれの業界の内情を把握しているキャリアコンサルタントが、転職成功のために尽力を尽くしてくれることにあるのです。

そして、自身のキャリアパスの可能性を把握出来る他、より幅広い転職先情報を知ることが出来る上、転職成功のための書類作成や面接対策、面接時の同行や条件交渉までをも担当してくれるわけです。

 

このように転職成功には必須とも言えるキャリアコンサルタントの存在ですが、全てのキャリアコンサルタントが同等のスキルや知識を有しているわけではありません。

中には、全く話が通じず、自身で転職活動をした方がマシだったと感想を述べている利用者も少なからず存在するのです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、どのような経緯で決定されているのかは利用者の多くが疑問に持たれるところでしょう。

 

ここでは、転職エージェントでの担当者はどのように決定されるのかに焦点を絞り、紹介していきましょう。

 

希望している業界・職種の経験者

前述にある通り、話がまったく通じなかったというのは、もはや一昔前の話。

現在では、このようなクレームに対処すべく、多くの転職エージェントが、幅広い業界や職種の経験者をコンサルタントとして採用しています。

 

業界経験者であれば、転職希望者が望んでいる職種などの知識は明るいため、クレーム対策がなされているのです。

経験者ではなくても、特定の業界やジャンルへのサポート経験や実績が高い人材をコンサルタントとしてあてがうことが多くなっているため、安心して転職エージェントを利用することが出来るでしょう。

 

指名制度があるエージェントがある

転職支援の業界でも、数々の実績を残し、伝説のようになっているキャリアコンサルタントも存在しています。

こういったキャリアコンサルタントを抱えている転職エージェントの場合には、利用者が指名できるような制度を採用していることもあり、実績の高いキャリアコンサルタントが、自身が望む業界や職種に明るい場合には、利用しない手はないでしょう。

 

ただし、いくら実績があっても、自身の職種が専門職であるような場合には、話が噛み合わないケースもありますし、何より人気が高いため順番待ちをする可能性があり、すぐにサポートを受けることが出来ないというケースもありえます。

ですから、実績が高いからといっても、自身が転職を望んでいる業界や職種、更に転職成功までの期間によって利用を決定するべきでしょう。

 

複数人が担当になる場合もある

転職エージェントの多くは、一人の希望者に一人のコンサルタントがつく、マンツーマンスタイルを採用していますが、複数人のコンサルタントをつけるエージェントも存在します。

一人は総合的なキャリアパスの生成をし、一人は業界・職種の経験者。

更に交渉上手や面接同行専門など、それぞれの得意分野で最大の結果をもたらしてくれる人材を複数人つけ、利用者が満足出来るように分業制を敷いている転職エージェントもありますから、覚えておきましょう。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ