収入が増えない転職はしない方が良い?

転職を希望する方の多くは、少なからず現職への自身の扱われ方に不平や不満といったものを感じているケースが多いものです。

そもそも現職の仕事にやりがいを感じ、職場環境も良く居心地が良い。

その上で給与も十分すぎるほどに頂いているという状況で、転職を考える方はほとんどいないのではないでしょうか。

 

こういったものの中で、何かしらの不満があるという他にも、自身の将来設計のために転職をされる方もいることでしょう。

しかし、転職理由を聞いてみると、ほとんどの方が年収アップのためという意見を持っています。

 

だとするならば、収入アップが見込めない転職は無意味なのでしょうか。

転職=収入UPが当然?でもお話しをしたように、現在では年収アップできる方は一握りなのです。

ここでは収入が増えない転職はしない方が良いのかどうかをお話ししていきます。。

 

収入アップだけが転職のメリットではない

これまでやりたいことを我慢し、生活のために現在の仕事を選んだという方もいることでしょう。

他にも就職活動に失敗して、行きたい企業に入社をすることが出来なかったということも十分に考えられます。

 

前から行きたかった企業が中途採用の募集をしていた。

他にも、新しい業界や職種で勝負をしてみたい。

このような場合は、これまでのキャリアは関係なく、ゼロからのスタートになります。

 

つまりは、収入面のアップは当然に見込めないことになるのです。

それでも自分が憧れていた企業への転職や、やりたいと思う仕事に就くことが出来ることを思えば、収入アップが出来ないから転職をしても無意味とはならないでしょう。

つまりは、転職の目的の違いによって、収入アップをしなかろうと、その転職が無意味になることはないのです。

 

給料が安いと思った場合の対処法

転職をすれば収入がアップ出来る。

これはこれまでのあなたのキャリアや実績によって大きく左右します。

 

会社に所属しているだけで、何の成果も上げていない。

キャリアを積んでいないどころか、知識やスキルもまったく身についていないという人材であれば、いくら転職をしようとも収入アップにつなげることは難しいのです。

 

給与が安いから転職をしてアップさせるというのは、あまりに安易といえるでしょう。

転職を考える前に、給与が安いことに不満を抱いているのであれば、考えられる対処方法をしっかりと講じるべきです。

 

転職も収入アップの一つの方法ですが、その前にキャリアアップをすべきでしょう。

一生懸命に仕事をし、自らのキャリアを積んでいくのです。

転職をしてからなんて甘い考えを持つのではなく、今いる組織でのキャリアアップをするのが重要。

今いる会社で評価されないのであれば、転職をすれば180度評価が変わるなんてことは期待しない方が賢明です。

 

それまでにしっかりと知識とスキルを磨き、キャリアアップをして、それでも扱いに不満があるのであれば、そこで初めて転職を行うべきでしょう。

転職をして給与がアップする人は、転職をしなくても給与が増えて行く可能性が極めて高い人が多いのです。

 

キャリアを積める企業へ転職

こういったことを加味していくと、収入が上がらなくても、キャリアを十分に積ませてくれる企業への転職を行うのは、大変意義があるといえるでしょう。

給与が上がらないことにプラスして、キャリアを積むチャンスすらも与えてくれないという企業に在籍しているのであれば、収入が例え下がったとしても、将来のためにキャリアを積ませてくれる企業へと転職してしまう方が、将来を見越した場合には、かなり有意義な転職になると言えます。

 

このためにも、人材をしっかりと教育してくれるシステムが確立している企業や、チャンスを多く与えてくれる企業。

更に完全に実力主義だという査定を行ってくれるような企業へと転職をしていきましょう。

遠回りのような転職に思えるかもしれませんが、キャリアを積んだ後の転職でその分の収入を取り返すことが出来るはずなのですから。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ