子作り計画があるなら面接で伝えるべき?

転職活動に関しての疑問は、それこそ星の数ほどに存在します。

スタンダードな悩みもあれば、時代時代によって変化し、新しく生まれてくるような悩みもあるでしょう。

また男性と女性の違いによって生まれる悩みもあるのです。

 

ここでは、女性が転職活動時において、抱える悩みのスタンダードなものである、子作りの計画がある場合、事前に面接でその事実を伝えるのかどうかということについて紹介をしていきましょう。

そもそもこういった悩みを持つのは、当然のことです。

 

妊娠をし出産をするとなれば、約10ヶ月もの間、自分の中にもう一つの生命を宿すことになります。

肉体が出産に耐えられるように、そしてもう一つの生命をお腹の中で育てることができるように、正常の状態よりも様々な肉体面の変化が見られるようになるのです。

 

そんなことは、言わなくても直前まで働けるといった思いを持っている方は、甘いと言えるでしょう。

身重な状態になるまでは、十分に働けると考えるのは危険です。

4週目からはつわりが始まり、それが12週から16週までという長い時間、あなたを苦しめることになる可能性が高いのです。

 

他にも味覚が変わり偏食し易い傾向になることから、体調を崩したり、栄養障害や脱水症状、代謝障害や妊娠中毒症といった症状が見られ、とてもまともに仕事を妊娠を隠しながらできる状態ではなくなりますからね。

 

出来れば事前に伝えることが賢明

もしも計画があるのであれば、報告義務はないものの、事前に面接時に報告をするというのが社会人としての常識と言えるでしょう。

働きたいから隠すというのは、会社の迷惑などを一切考えておらず、自分のことしか考えていない人物と判断されることに、いずれはなってしまうのです。

 

いつの時期に妊娠をする予定があるのかにもよりますが、近々の予定なのであれば、やはり転職はオススメ出来ませんし採用される可能性も低いでしょう。

ただし、1年未満の妊娠を予定しているのであれば、それは伝えるべきでしょうね。

しっかりと計画を立てておらず、漠然と考えている場合でも、作ってしまったでは、心象が非常に悪くなりますから注意が必要です。

 

報告しなくても良い場合

そもそも報告の義務があるなどとは法律では定められていませんが、面接時に結婚の事実があり、お子さんがおられない場合には、世間話の延長で質問をされることもあるでしょう。

妊娠の予定があったとしても、しっかりと計画を立て、1年以上の期間しっかりと働き、ある程度の利益を転職先にもたらすような考えであれば、まったく言う必要はないといえます。

 

そういった場合であれば、産休や育児休暇を獲得する資格も十分だと判断されるでしょう。

在籍期間よりも、在籍している間にどのくらい大きな利益を会社に与えたのかが評価を左右することになるのです。

 

それを転職をしてから半年も経たない内に妊娠をし、利益どころか仕事の進め方すらままならない状態で、その上、妊娠の影響で更にまともな仕事が出来ない状態になったり、周囲の人たちに気を使わせるようなことでは、評価されようもないですから注意しましょう。

 

職種や雇用スタイルを考慮する

正規社員となれば妊娠の予定がある場合、少なくとも報告をするのがモラルと言えるでしょう。

ですから、どうしても仕事もしたいし、妊娠の計画を言いたくもないという方であれば、正社員にこだわらず、契約社員や、パート・アルバイト、紹介予定派遣といった雇用形態を選択するのも1つの解決策になります。

 

更に業界や職種の特徴によっては、プロジェクト終了までの区切り区切りでメンバーをリクルートするといったものもありますからオススメです。

少し特殊ですが、入れ替わりが激しい業界などもオススメとも言えるでしょう。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ