一度落ちたことがある企業へ再チャレンジ可能?

転職活動をしていれば、どうしても行きたい憧れの企業は誰もが持つものでしょう。

しかし、あなたが転職したいといくら強く思っても書類作成の不備だったり、面接時の失敗だったりが原因で残念ながら不採用になってしまったなんてことはよくある話です。

 

ただ、どうしても諦めたくないという考えを持つ方もいらっしゃることでしょう。

不採用に一度でもされた人材が、もう一度応募することは出来るのか。

それはルール違反なのではないか、という疑問を抱く方もいらっしゃることでしょう。

 

ここでは一度不採用を受けた企業への再チャレンジを行うことは可能なのかについて紹介していきます。

 

基本的に再応募は可能

一度不採用通知を受けた企業への再チャレンジは、基本的には個人の自由ですから、チャレンジ自体は可能です。(企業によっては再応募は1年以上時間を置くことなど規定があります)

ただし、不採用になった原因などを考えず、ただただ入社したいという感情だけが先行し半ば意地になって応募をするようでは、前回と同様の結果を招くことになりまねません。

 

一次面接で不採用になってしまった場合、前回と全く同じような内容の書類作成をして送る。

面接試験で不採用になった場合でも、身だしなみから面接対策まで、何も前回と変わらない対策をして面接に臨む。

これではダメだということです。

 

何度も応募するのは転職希望者の権利ですし、前述のようなケースではなく前回の失敗を踏まえ、しっかりと準備をしてから再チャレンジをするのであれば、十分に選考を通過出来る可能性はあるということを覚えておきましょう。

 

しつこいと思われるのはダメ

再チャレンジは認められていますし、前述にもある通り転職希望者の自由です。

ただし、内定を貰いたいというのであれば、前述のような対策をしっかりと講じておくべきでしょう。

 

相も変わらず、同じような書類作成、面接対策のままに再チャレンジを繰り返しているのであれば、正直しつこいと思われて門前払いを受ける可能性が出てきます。

失敗から踏まえた対策を十分に講じてから、書類作成の際には、不採用されたものの改めて魅力を実感して、再挑戦させて頂くために自分を磨いてまいりましたなどの文言を挿れましょう。

 

以前に不採用になったからといって、複数の応募があったに違いないだろうから、それを隠して初めて採用試験を受けさせてもらっていますなんていうような嘘偽りは言わない方が無難です。

 

条件の再確認

ただただ入社したいという気持ちばかりが先走り、再チャレンジを繰り返しても、同じことの繰り返しになるのがオチ。

書類作成がまずかったのか面接対策に失敗したのかなど、試験自体の正否を注目しがちですが、そもそもその応募条件を自身が満たしているのかどうかを見落としがちです。

 

キャリア、年齢、ポジション、スキル、資格、転職回数、学歴など単純な条件を満たしていないケースでは、残念ながら何度チャレンジをしても、採用される可能性は限りなく低いと言えます。

このパターンの場合、学歴や年齢で落とされている方に多いですが、とにかく会ってみて自身というものを見てから判断して欲しいと躍起になる気持ちは分かります。

しかし、そもそも条件を設定し満たしていなければ採用するに値しないとその企業が言っているわけですから、条件を満たしていないのであれば実際に光るものがあったとしても、さらさら採用する気はないという風に割り切ってチャレンジをするのか否かを冷静に判断すべきです。

 

再チャレンジする際には、最初の応募に比べ、なぜ希望先企業でなければダメなのかという理由をより強く求められることになりますから注意しましょう。

 

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ